麺屋孔雀 (めんやくじゃく)

麺屋孔雀 (めんやくじゃく)

今日のランチは、「よし、麺に決まりだ!」と茅場町と八丁堀の間をさまよってたどり着いた東京メトロ日比谷線茅場町駅1番出口から徒歩1分のラーメン屋「麺屋孔雀」に行きました。時間が13時30分頃と通常の会社ではお昼休みが終わっているためか、ゆったりと座れました。濃厚の鶏白湯そば・鶏白湯つけそばにするか、あっさりの鶏清湯そばにするかで迷った末に鶏清湯そばの塩を選びました(それぞれ醤油と塩が選べます!)。
※ちなみに自分は、鶏清湯が読めませんでした(苦笑)なんて読むかみなさん知っていますか?
答えは一番下で!!

15時までのランチタイムは白飯がサービスでつきます。スープを飲んでみるとスッキリした美味しい味です。麺は中太麺で、具に赤ピーマン(もしかしてオシャレ野菜のパプリカかな?)がのっているのが珍しいですね。カウンターに黒胡椒、山椒などお好みで味つけも調整できるので、その人の好みにもできます!

30歳を超えてくると濃厚という言葉に敏感になってしまいますが、次は恐れずに濃厚の鶏白湯にいってみようと思います。
※鶏清湯の読み方は≪とりちんたん≫と読むそうです。
 読み方が分からずに注文時にメニューを指差しました(苦笑)

 

面白いパンフレット作りたいならウララコミュニケーションズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>