パンフレット制作 ウララコミュニケーションズ

ウララツールナビコラム ヒットの仕掛け

Vol.2 株式会社オールコネクト
SIM・スマートフォンの総合情報サイト『モバレコ』

ECサイトや通信回線などの販売代理事業を展開している株式会社オールコネクトが、初の自社メディアとなるスマートフォンの総合情報サイト『モバレコ』をスタートさせて、1年半近くが経とうとしている。

同サイトではスマートフォン関連のキーワードで検索してきたユーザーのニーズに応えるコンテンツを作り上げることで、大手ニュースメディアとは一線を画した“問題解決型”のメディアを目指している。

ニュースメディアとは異なる“問題解決型”メディアとしての存在感

  • モバレコ ロゴ

    モバレコ ホームページ

  • Webに特化した営業販売ビジネスをワンストップ・ソリューションとして提供してきた株式会社オールコネクト。スマートフォンという大きな市場でマネタイズできる仕組みを構築するため、2014年8月に立ち上げたのがスマートフォンの総合情報サイト『モバレコ』である。

    スマートフォン情報サイトは大手メディアが運営するサイトから個人ブログまで数多く存在するが、これまでのサイトは速報性の高いニュースメディアが主流で、新製品の発表があればその発表会の間に記事がアップされているなど、スピード感が売り物となっていた。そんな中で、モバレコは、速報性で競い合うのではなく記事一本一本の質を高めていくことにした。文章の読みやすさや内容のわかりやすさはもちろん、撮影した写真など見た目にも注意を払い、多少の時間やコストがかかってでも記事の質にこだわりを見せる。

    そして今、スマートフォンについての疑問や問題が解決できる“問題解決型”メディアとして、競合スマートフォン情報サイトとは一線を画したことが人気を呼び、『モバレコ』の月間ユニークユーザー数、月間PV数は順調に成長を続けている。同サイトで多く読まれているのは、やはり解決につながるガイド系のコンテンツだ。その他にも、エンタテインメント性の高い「おもしろ記事」や、著名人や現場担当者が登場する「インタビュー記事」も人気だ。たとえば、最近ではIIJmioの技術者にインタビューし、マニアックな内容をかみ砕いて解説した記事が、Twitter上や『はてなブックマーク』などに拡散。いわゆる“Buzz”った記事としてヒットを記録している。

    『モバレコ』は、スマホに関して関心度の高い25~45歳男性からのアクセスが約70%。編集部は6名といった体制で運営されているが、月間記事更新数が100本にのぼることも。ただし同サイトに流入してくるユーザーの80%が自然検索によるものであることから、広告展開はほとんど行っていない。スマートフォンについて、なにか知りたいこと、困っていることを抱えているユーザーが、『モバレコ』へアクセスしてくることが多いため、「スマホの料金が高い…」「バッテリーの持ち時間が悪い…」といった疑問に対する回答が得られる「ガイド系記事」を充実させている。ガイド系記事は爆発的に読まれることはないが、ニーズさえあれば半年、1年と読み続けられることもある。

    そのほか『モバレコ』の周知方法としては、記事更新時にTwitterやFacebookなどのソーシャルメディア上で告知しているほか、『Yahoo!知恵袋』のようなQ&Aサイトの質問者に対してこの記事が参考になります」とリンクを貼られることでアクセスが流入することも。もちろん、このようなことを自身でやってしまうとステルスマーケティングだと思われかねない。「スマホユーザーが抱える悩み」のニーズをキャッチし、そこにマッチした記事を発信するようにしているのだ。ソーシャルメディアでフォロワーが多い人、拡散力を持っている人といったインフルエンサーに気に入られる記事づくりも重要なポイントだ。

    『モバレコ』では今後、「スマートフォンサイトでスマートフォンを購入できる」ことを目指し、社内のスマートフォン販売チームが動きはじめている。興味を持った製品をリンク先の自社ECサイトで購入できるよう、マネタイズの仕組みを作り上げていくという。

PDCAを速く回すことでヒットの芽を見つけていきます

  • 写真

  • INTERVIEW

    田島 光太郎 さん

    『モバレコ』立ち上げ時からコンテンツディレクターとして参加してきましたが、企業としてメディアの経験がない中で1年半近く続けてきた『モバレコ』が現在大きく成長してきたことを実感しています。その成長の要因は『モバレコ』に“問題解決型”というカラーがあるからだと考えています。

    スマートフォン向けのメディアというものはまだ歴史が浅く、なにがヒットするのか明確に答が解っている人はいません。ただ、コンテンツを作成してその結果を評価し、改善につなげるPDCAサイクルを速く回していくことで、ヒットの芽を見つけられるのではないかと考えています。

    一朝一夕にヒットする記事は作れませんから、予測を立てて記事を作成し、その結果「ここは良かったから残していこう」とか、「そうではないところは変えていこう」とチャレンジを続けていくことが、ヒットを続けていくのに大事なことではないでしょうか。

リンク:
株式会社 ALL CONNECT(オールコネクト)
モバレコ

バックナンバー