「人」に共感される建築パンフレットを作成するには

共感される建築パンフレット
 
住宅や建築パンフレットを作成する場合、家や建築物の写真が重要なことは言うまでもありません。完成した住宅の写真は専門知識が無い人にも直感的にイメージを伝えることができます。しかし、パンフレットを手に取る人はそれでだけで物件を成約する気になるでしょうか。

たびたび発生する災害や建築会社の不祥事などにより、不動産に対する安心感や信頼性の問題は非常に敏感な問題です。誰が作っているのか、どんな業者が建てたのかはパンフレットを手に取る人にとって重要な判断材料になります。

建築物は人が作るもの

一口にラーメンと言っても料理人によって千差万別のラーメンが出来上がるように、建築においても同様のことが言えます。有名店のようなブランドイメージも要点の一つですが、地元に愛される、腕の確かな店、人柄のいい店など隠れた名店はたくさんあります。どんな人が作っているかは実は有力な情報になりうるのです。

たとえば「こだわりの家づくり」というコンセプトページを作るとします。文章で「特徴1~」「特徴2~」と打ち出すことも一つの手ですが、実際に施工する職人に語ってもらうと説得力が増します。どんな思いで、どんなところに魂を込めて作っているのかをパンフレットに載せることで、人と人の信頼性が増します。実際に職人と関わることがないとしても、そういう熱い思いを持っている人がいる業者ということはプラスになります。また、建築施工のフローとして作業中の写真を配置することで、プロが作る家づくりをアピールすることもできます。

実際に住んでいる人の声

業界問わず、パンフレットの人気コンテンツにお客様の声があります。実際に商品を使ってみたり、サービスを導入してみたりすることでどんなメリットがあったのかを語ってもらうことで、パンフレットを手に取る人に自分も同じような思いができるのではないかと感じてもらうことができるのです。

建築系のパンフレットだとお客様の声が施工事例の紹介と併せて打ち出せるというメリットがあります。住宅デザインやリフォームなどの実例紹介と同時に、その家に住んだ人がどんな感想を持ってくれるのかを顧客目線の言葉でアピールすることができ、信用獲得につながるのです。

スタッフや顧客といった「人」の言葉によって説得力が生まれます。パンフレットとは会社の強みを打ち出すものですから、文章が美辞麗句になってしまって読み流されてしまうこともあります。雑誌や書籍でのインタビュー経験豊富なウララなら、飾らない言葉で伝えたい情報を魅力的に発信することができます。信頼される人を載せることで、選ばれる建築パンフレットを作成しましょう!

 

建築パンフレット作成はウララにお任せ!

制作実績 / 住宅・不動産

  • 工務店ホームページ デザイン制作

    株式会社川端工務店

  • 住宅会社ホームページ制作

    岩本木材株式会社

  • 経済雑誌 デザイン制作

    株式会社ダイヤモンド社