ズバリ!安い価格でパンフレットを作成する方法

ズバリ!パンフレットを安く作る方法
 
直球なタイトルですね。

予算が限られているのに見積りが予算をこえてしまう。でもパンフレットは作成しなければならない…。長きに渡る不況で価格に対する意識は非常にシビアになっています。

制作会社もコストダウンの検証にしのぎを削っていますが、制作依頼者にもパンフレット作成費を安く抑える方法があります。

原稿、写真用意する

原稿なら取材費やライティング費用、写真ならカメラマンの撮影費用を安くすることができます。

台割やレイアウト案を出す

企画・構成費など編集の費用を安くすることができます。

テンプレートデザインを利用する

デザインテンプレートを使って、ページ毎に中に入れる画像やテキストを入れ替えるという方法でデザイン費用を落とすことができます。極論ですが、デザインデータを自分で作ればデザイン費用は0円になります。

低価格の印刷通販サイトを利用する

印刷通販会社は営業担当者の費用をかけず、印刷物の大量印刷で安い価格を実現しています。

 
このようにやり方次第で更に低価格でパンフレットを作成することが可能ですが、価格を抑えるということは人件費を抑えることと言っていいでしょう。人件費がかからないということは、そこにプロである人が介在しないということです。パンフレットがカタチになればそれでいいのであればいいのですが、販促やブランディングをお考えの場合には考え直す必要があります。

クオリティの高い文章や写真を使い、魅力的なオリジナルデザインで紙面を作り、しっかりとした印刷所で製版した方が確実に品質は上がります。とはいえ、全てプロに任せないと悲惨なことになるという訳ではありません。「文章なら自分でもできるけど写真はプロに任せたい」など、作業分担とコストのバランスをとって価格と折り合う点を探すことが最良のコストパフォーマンスになるのです。

コストを重視すれば、その分品質が落ちる。
クオリティを重視すれば、その分費用が高くなる。
そのバランスをどう調整するのかは難しいことかと思われますが、見積提出前後のヒアリングでこちらから予算内でできる最適なパフォーマンスを提案させていただきます。もし、それでご納得いただけましたら、ぜひウララにパンフレット作成を手伝わさせてください。

 

安いパンフの製作はウララコミュニケーションズで