パンフの満足度はデザインと価格に左右される?

観光パンフ例
 
会社をはじめとする組織・団体にとってパンフは非常に重要な宣伝ツールです。商品やサービスの案内から、観光スポットの宣伝や施工事例の紹介、採用に関するものまでその目的は多岐に渡ります。

デザインのクオリティは制作物の満足度に非常に大きな要因となります。パッと見た時にイマイチなデザインだと、ページ構成や文章、写真がいくらよくても不満が残ります。だからこそ過去の制作実績をご覧いただき、納得された上で制作会社を決定することをお勧めしたいのです。

パンフの制作会社を選定する上で、求めているタイプに近いパンフを作成した実績があるかどうかは気になるところです。ウララはホームページに載せていないパンフレットも多数作っていますので、安心してお問い合わせいただければと思います。お問い合わせいただいた後、作りたいパンフの詳細を伺います。直接訪問させていただく際には制作物の実物をお持ちしますので、これまでどんなパンフをデザインしてきたのか手に取ってご覧いただけます。

パンフの満足度において重要なデザインですが、同じぐらい満足度に関係するものがあります。制作コストです。もちろん安いにこしたことはないですが、価格とパフォーマンスは比例するものなので、求めるレベルが高ければ、どうしてもそれに応じた予算は必要になります。料金体系については、各制作会社、ホームページなどで料金表を記載していますが、印刷部数や取材の有無、ページ数などによって価格は変わりますので、参考程度に留めておいて、きちんと見積もりをもらうようにした方がいいでしょう。

問い合わせはメールや電話で気軽にできます。デザイン実績の紹介やパンフの見積もり、価格相談など、分からないことはプロに相談するのが早くて確実です。一緒にコストパフォーマンスの良い、満足できるクオリティのパンフを目指しましょう。