パンフレット制作会社の正しい選び方

パンフレット制作会社の正しい選び方
 
パンフレットを作ると決まった時、困るのは「どこに頼むか?」ですよね。複数の信頼できる制作会社とお付き合いがもともとあるならともかく、初めて担当する場合や既存の作成会社にマンネリ感をもっているときは業者選びに戸惑ってしまいます。

そんなとき参考にしてほしいのが、下記の選び方のポイント。インターネットやご紹介などでいろいろな会社の情報をせっかく集めたのに、制作会社選びに失敗してしまうと効果の高いパンフレットができずに、努力が水の泡になってしまいます。そうならないようにぜひ活用してみてください。

1 制作会社の種類を知る

一口にパンフレットの制作会社といっても、いろいろなタイプがあるのをご存じですか?目的や予算に合わせて使いわけてみましょう。

  • A.広告代理店

    広告代理店とはその名のとおり、「広告」を顧客に売り、手数料を受け取る業務をメインとしている会社です。メディア(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、インターネットなど)の広告を取り扱うだけに、広告枠だけでなく、それに付随する広告コンテンツ作成も行います。キャンペーン告知などさまざまなメディアへの出稿と合わせて依頼する場合は、数多くの販促の知見を持っていて頼もしい存在ですが、パンフレット作成のみを依頼する場合は、扱う単価が高い業種だけにコストが割高になる可能性があります。

  • B.編集プロダクション

    パンフレット作成を専門に行っている制作会社です。コンテンツ作成をメイン業務にしているため、経験豊富で質の高い編集者やデザイナーが在籍していることが多く、仕上がりを優先するならメリットが大きいといえます。営業担当とだけのやり取りではなく、直接制作ディレクターと意志疎通できることが多く、自社の意思をコンテンツに反映しやすいのもメリットです。かっこよさやおしゃれなど他社と違うオリジナリティを求めるなら、おすすめといえます。

  • C.印刷会社

    印刷会社の利点は一般的に費用が安いことが多いこと。自前で印刷するため、印刷費を安く抑えることができるのが特徴です。しかし、デザインや文章などコンテンツの仕上がりは、専門の制作会社に比べ劣ることが多いのも事実。これは印刷がメイン業務で制作はそれに付随する仕事という認識の印刷会社が多いことが理由です。デザインなどはほどほどで、コストのみが最優先という場合は、メリットが大きいのではないでしょうか。

2 制作会社選びのポイントはコレだ!

A,B,Cどのタイプに頼むとしても共通して確認したい業者選びのポイントをあげています。作る目的に合わせてよく吟味して発注するようにしましょう。
 
制作会社選びのポイントはコレだ!

  • 制作実績

    まず確認したいのは、その会社にどんな実績があるのかということ。過去に作ったパンフレットの実績を見れば、その会社のデザインや編集のレベルを推測することが可能です。制作会社にはそれぞれ特徴があり、IT系や金融系といった分野に強みを持つところや、イラストや漫画を多彩に使うなど作成手法に独自性があるところなど、さまざまなタイプがあります。パンフレットの目的に沿って、実績をみると、自社に合った会社がみつかるはずです。しかし、一つ落とし穴があります。実は多種多彩な制作実績を誇る会社なのに、著作権などの制約で、実績をホームページなどで掲載できない会社があります。特に編集プロダクションは、広告代理店などから作成だけを請け負うことも多く、その場合の実績は開示できないことが多いのです。弊社もその口であり、ホームページでは掲載していないものが数多くありますが、直接ご訪問した際にはお見せできるものもありますので、問い合わせの際に実績について確認してみるとよいでしょう。

  • 会社概要(歴史と主要取引先)

    ホームページだけでは、信頼できる会社かどうかわからないのが普通ですが、設立から何年活動しているかは判断の材料となります。歴史があるということは、それだけ数多くの取引先から支持されてきたということですので、信頼性はあがります。また、取引先の数も同じで多ければ多いほど信頼されている会社という可能性が高いです。主要取引先に大手有名企業が多い場合も同じで、大手と取引できるということは実績もある程度ある会社ということになります。

  • 専門性

    何が得意な会社なのか、何が強みなのかを確認することは大切です。流麗なデザインが特徴なのか、分野に強みがあるのかなど作成の強みのポイントが会社によって違うので、自社の目的に合致するところを選ぶようにしましょう。ただし、ホームページだけでは、わからないことも多いので、問い合わせをして実際に担当者と会ってみるのが一番です。担当者と会った印象から確認すると、失敗する確率が下がります。

  • 見積もり

    制作費は発注側にとって最大の関心事の一つです。もちろん安いにこしたことはありませんので、条件を示して見積もりをもらうことにしましょう。しかし、コストだけにこだわると品質が伴わないのが一般的です。当たり前ですが、コンテンツ作成に魔法の杖は存在せず、いいものを制作するのには手間がかかり、当然その分だけ費用はかかるのです。コストも大切ですが、品質とのバランスは吟味しましょう。