パンフレット製作のデザイン、注意点は?

パンフレット製作の注意点
 
私たち身の回りのものは、見た目や使いやすさなどを考慮し、計画的に設計されたもので溢れています。その設計によりカタチとなったものがデザインであり、パンフレットもその結晶のひとつです。つまり、デザイン製作とは抽象的なものを具体的にする過程のことであり、その計画を立てるのが編集者や担当者、設計するのがデザイナーとなります。

デザイン力は他のパンフレットに埋もれず手に取ってもらうために一番重要な要素と言えるため、読み手が理解しやすいようにデザインすることが求められます。では人が手に取ってみたいと思わせるデザインとはどのようなものでしょうか?それは「何を伝えたいか」が明確であること。これがパンフレット製作において、最も大切なテーマになります。コンセプト決めはパンフレット作りの基礎。基礎をしっかり固めてから設計に着手します。パンフレットのコンセプトを決めずに、何となく進めても中途半端なものにしかなりません。メッセージ性がない、表紙のイメージと中面の内容の乖離が激しいなど、結局何が言いたいのか分からないパンフレットにならないよう、依頼の際にはパンフレットで何を伝えたいのかを固めて相手に伝えることが重要です。
表紙と中身のイメージを統一させよう

 
コンセプトに続いて重要なのが、キーカラーです。人間は視覚からの影響を大きく受ける生き物なので、色から受ける印象も重要になってきます。伝えたいメッセージにピッタリの色を選択することで、デザインに説得力が生まれます。例えば緑は自然や安らぎ、健康や平和などのイメージを持つ色です。安らぎを伝えたいのに赤を使うと、逆に活動的な印象を与えてしまいます。

このコンセプトとキーカラーを全面的に表現するのは、パンフレットの顏である表紙で行います。ここで気を引くことができなければ、中身を見てもらうことはできません。イラストや写真を使用するのもいいですが、何でも詰め込むのは逆効果になります。コンセプトとキーカラーに合わせた素材を使うことが大切です。

パンフレットのデザイン製作はウララコミュニケーションズで