パンフレット&カタログで製品紹介の印刷物を作る

パンフレット&カタログで製品紹介の印刷物を作る
 

製品紹介印刷物は写真が必須

商品を製造販売している会社では、会社案内などのパンフレットや自社製品のカタログといった印刷物を製作しています。製品カタログには自社製品の全てが掲載されているものと、製品毎に詳しい情報が掲載された2つの種類があり、必要に応じて使い分けされています。

希望の商品を選び出してもらうなど、ニーズを探るために総合的なカタログを利用し、更に詳しい情報を知りたいと言った場合には製品ごとの情報が掲載されている印刷物を渡す事で、商品を深くアピールすることが出来ます。

製品を紹介するための印刷物は商品をアピールする目的で写真が掲載されています。そのため、写真のには印刷物を見ている人の購買意欲を高めるクォリティが要求されます。写真の写し方で商品のアピール度も変わります。一つの製品に一枚だけではなく、あらゆる角度からの写真や細かい部分のアップの写真を撮影するなど、写真における質と量が求められるので、プロのカメラマンに依頼をして製品の写真撮影を行って貰うケースが多くあります。

カタログ・パンフレットに求められる機能と紙質

写真を綺麗に撮れたとしても、それを印刷物としてカタチにするには紙質にも気を配らなければなりません。紙質の主な点には用紙の厚さ、コーティングなどの処理があります。また、印刷物であるパンフレットやカタログは手に取った時の手触りや重厚感といった感覚も重要なポイントになります。

カタログには如何に綺麗に写真を掲載出来るか求められるため、写真を綺麗に表現できる、多少なり厚めの用紙が利用されるケースが多いです。

パンフレットにおいても写真の掲載は行われていますが、パンフレットの場合は写真よりも文章が中心となるため、それほど紙質にこだわる必要はありません。とはいえ、チラシのような薄い紙ではなく、ある程度の厚さを持った高級感を感じられるものを利用する会社案内などのパンフレットが多いです。

 
利用目的や利用シーンを考え、紙質を選ぶ事でコストを引き下げつつも目的を達成できる最適なコストパフォーマンスの印刷物の製作することが可能になります。
 

紙質にこだわった印刷物はウララコミュニケーションズで