会社案内にはどんなコンテンツを載せればいいの?

会社案内の代表挨拶、社史
 
会社案内は自社を示す名刺のような存在。名刺には会社名、名前、住所、連絡先が必ず書かれているように、会社案内にも押さえておきたいコンテンツがあります。
自社の営業がお客様にお渡しした後は営業マンの代わりとなって会社をアピールする貴重なツールです。流し読みされないように、デザインやキャッチに目を惹きつける工夫が必要です。載せるべきコンテンツの紹介とともに、気を付けたいポイントをお教えします。

代表取締役の挨拶

会社案内を開いた時、見開きページに載せる定番コンテンツが代表取締役の挨拶文です。ここで会社のビジョンを発信することにより、会社の方向性や将来性などを読み手に示すことができます。ホームページに載せている挨拶文をそのまま流用するケースも多く見られますが、語りかけるような文面に再編集することで、会社案内を見る人に対して、よりメッセージ性を高めることができます。また、代表取締役の写真を掲載したり名前を直筆にすることで、社長の「人間味」を表して読み手に親近感や信頼性をもたせるだけでなく、デザイン的にもグッと引き締めることができます。
採用の際にも配布することを想定するならコンテンツの中でも学生に特に読まれる記事ともいえます。できる限り平易な文章でありながら、会社が目指すべき方向性を簡潔に述べる必要があります。特に重要なポイントは文章から抜き出して、目立つようにデザインするとよいでしょう。社長の写真の撮影も角度やポーズを吟味し、最高の表情の画像を選択しましょう。

170206_2

事業案内

会社案内において特に重要なのが事業内容の紹介です。ここでいかに自社の優位性や特長を示せるかが、商談の鍵を握ると言っても過言ではありません。多岐にわたる事業を展開している場合、テキストと写真を並べただけでは内容が伝わりづらくなりますので注意が必要です。事業全体を示すページと事業別に掘り下げたページを双方用意することで読みやすさの向上を図るのも一つの手です。ウララでは雑誌編集で培ったお客様に説明しやすい見せ方をご提案。実際に営業スタッフがお客様に説明しやすい内容になっているかどうかの検証も怠りません。

沿革・社史

会社がどのような歴史を辿ってきたのかを伝えることは、今後の成長への期待や信頼性を高めることができます。とはいえ流し読みされやすいページでもあるので、単にこれまでの流れを箇条書きするのではなく、トピックに写真を付けたり、ストーリー性を演出したデザインにしたりすることで、目に止まるような工夫をご提案します。歴史の長さは企業を社会に果たしてきた役割や信用に比例します。歴史が長ければ長い会社ほど沿革の紹介をしっかりと掲載した方がよいでしょう。

会社概要

会社情報をまとめたコンテンツ。裏表紙やその裏側の面(表3)などに掲載されることが多いです。どうしても文字の占める割合が多いページになってしまうので、問い合わせに繋がるように電話番号に色をつけて目立たせたり、会社の外観や地図を併せて掲載したりすることで、単調にならないようにデザインします。

どのコンテンツにしても、会社案内を読む人の興味がどこにあるのか、何を知りたいのか、何を期待して読むのかを十分に把握する必要があります。最後まで見てもらい、会社を覚えてもらうことが大事なので、常に読み手の事を考え、自社のアピールができる内容にしていきましょう。

インタビュー記事はお手の物。会社案内の制作ならウララコミュニケーションズ