会社案内・会報誌の金額はデザインで決まる

会報誌表紙
 
ビジネスにおいて欠かすことのできない会社案内。制作業者選定の際、いくつかの会社に見積もりを出してもらうと、出てくる金額はけっこうバラバラです。この金額の変動に大きく関わってくるのは、
サービス内容、印刷費、そしてデザインです。

サービス内容

制作会社がどの範囲まで業務を請け負うかによって変わってきます。全体の台割(ページ配分)を提案するのか、取材撮影はするのか、校閲会社を間にはさむのかなどで料金は当然変わってきます。

印刷費

印刷所で刷るのか、ネットプリントサービスを利用するのかで金額に開きが出てきますし、色校正などのオプションによっても変動します。様々な印刷サービスの中から制作物に合わせたサービスの取捨選択が大切です。

デザイン

制作会社の料金体系にもよりますが、デザイン料金の中で大きく関わるのは表紙です。表紙というのは、パンフレットや雑誌同様に紙面全体の価値を表す最も重要なページです。そのため、イメージ画像やイラストを使ったり、キャッチやロゴを作ったりして、見映えよくすることをおすすめします。そのため、料金は上がりますが、クオリティは確実に高まります。おしゃれに見せたい、スマートに見せたい、ポップに見せたいなどのイメージもより現実的になります。

コストをなるべくかけずに会社案内を作成したいという気持ちはよくわかりますが、金額に合わせてクオリティも変動するとことを踏まえた上で、バランスを取ることが肝心です。もちろん予算が決まっていてコストを抑えたい場合は、文章や画像の提供などご協力の上になりますが、そこに収まるように作成し、ご満足いただけるようにお届けします。

会社案内・会報誌のデザイン制作はウララコミュニケーションズ