低コストで大切なお客様の流出を防ぐシンプルな方法とは?

161027

本当に大切なお客様は誰?

多くの企業が普段行っているマーケティング活動は、新規客の獲得を主眼に置いているものが多いようです。顧客というものは、何もしなければ自然と減っていくもの。したがって、新規客の獲得に力を注ぐのはビジネスを継続するうえで同然のことといえます。

しかし、あまりに新規客に心を奪われてしまうと、既存客の重要性を忘れてしまいがちです。既存のお客様は売上を安定させるのに欠かせない存在です。既存のお客様が流出してしまえば、経営はたちどころに傾いてしまうでしょう。既存客は新規客よりも大切だといっても過言ではありません。

既存のお客様を重要視する理由

既存のお客様を重要視すべき理由は、売上への貢献だけではありません。既存のお客様は、ビジネスを営むうえで多くのメリットを企業に与えてくれるのです。

・顧客にかけるコストが低減する

新規客を獲得しようと思えば、広告費や販促活動の費用などかなりのコストがかかります。
一方、既存のお客様とはすでに信頼関係が築けているのですから、要する費用はその関係を維持するコストだけです。既存客を維持するコストは新規客を獲得するコストの5分の1といわれており、顧客にかける費用として大きく差が開きます。既存のお客様は売上だけでなく、出て行くお金にも貢献してくれる存在といえます。

・売りやすい

既存のお客様は一度商品を購入する体験をしているため、その後の購入への抵抗が少なくなっています。したがって、次の商品や新しい商品が売りやすくなります。お客の立場からみても、同じような商品ならば購入したことのあるところから買おうという心理が働きます。一度でも購入していただくことは、売り手にとって大きなアドバンテージとなるのです。

・ビジネスのヒントを与えてくれる

既存のお客様は評価にしても不満にしても、商品に対する感想や意見を言ってくれます。
顧客の声は商品の改善やビジネスのヒントにつながる貴重なものです。この貴重な情報を、ほとんどコストをかけずに得られるメリットは計り知れません。お客様の声は、売上に等しい価値をもたらしてくれるものといえます。

・新しいお客を紹介してくれる

既存のお客様と良好な関係を築けば、新しいお客を紹介していただけるチャンスが増えます。お客様は、商品やサービスを評価するからこそ紹介してくれるのですから、新たに紹介されたお客も常連客になる可能性を秘めているといえます。既存のお客様との信頼関係は、新たな顧客を生みます。つまり、ほとんどコストをかけずに新規客を獲得することが可能なのです。

大切なお客様を流出させない方法

企業にとって既存のお客様を失うことは一大事です。既存客の流出は、なんとしても防がなくてはいけない最優先事項といえます。そのための方法はとてもシンプル。とにかく定期的にこちらからコンタクトをとることです。たとえば、次の手法なら比較的低コストで、簡単に既存のお客様にコンタクトをとることができます。

・DM

161027_2

DMは既存のお客様と無理なくコンタクトをとることができる有用なツールです。新商品やキャンペーンといった自社のアピールから、市場のニュースやノウハウなど、その時一番伝えたい内容を直接届けることができます。ポストカードのようなシンプルなものや、形や折り方を変えたオリジナリティあふれるものまで、形状も工夫次第でいろいろできます。DMはどの企業でも簡単に取り組める最もシンプルなコミュニケーションツールです。

・メルマガ

メルマガは既存のお客様に有益な情報を発信しながら、自然に強固な関係を築いていけるツールです。多少のコンテンツ作成スキルが必要ですが、一度形を作ってしまえば無理なく定期的にお客様と接触することができます。有益な情報を提供することでお客様に対する存在感が増し、流出のリスクは限りなく小さくなるでしょう。根気と継続性が必要ですが、やってみる価値のあるツールです。

売上を失わない、コストがかからない、やらない理由がない

既存のお客様を失わないコツはただ1つ。お金ではなく“手間”をかけることです。
それも、日常業務に影響するような大変なものではなくちょっとした手間です。コストをさほどかけなくても、工夫次第で既存のお客様とコミュニケーションをとる方法はいくらでもあります。大切なのはコミュニケーションを継続させること。マメに連絡することが、既存のお客様を失わない何よりの特効薬なのです。

制作実績 / DM

  • 自然食品DM制作

    株式会社宝寿園

  • 飲食店優待DM制作

    あぐら屋

  • 介護福祉士講座 往復はがきDM制作

    株式会社日本教育クリエイト