健康関連の商品を売るための効果的な売り文句とは?

160926

健康関連の商品はライバルがいっぱい

健康食品、ダイエット器具、禁煙グッズに快眠枕…。世の中は健康に関連する商品であふれています。これだけたくさんのジャンルにたくさんの商品があるということは、たくさんの会社が凌ぎを削っているということ。健康関連の市場はもっとも競争の厳しい市場の一つといえます。このような競争の激しい市場で勝ち残るには、なんといっても商品の差別化がカギとなります。他社商品にはないオリジナルな強みこそがその商品を際立たせ、消費者から選ばれるための優位点となるのです。

しかし競争が激しい市場ほど対抗する商品がすぐに現れますから、他の商品を凌駕するような差別化は難しいのが現実です。そうなると、他社商品と同一的な競争になり、ますます市場で埋没してしまうという結果に陥ることになりかねません。
健康関連のようなライバルの多い商品が、市場での競争に勝ち、消費者から選ばれるためにはどうすればいいのでしょうか?

差別化が難しい商品を差別化するには

他社商品と比べ大きく秀でた特徴がないからといって、差別化ができないというわけではありません。特別な強みがない商品でも差別化することは可能です。そもそも世の中に唯一無二の商品などほとんどないのですから、商品の強みだけが差別化を生むわけではないのです。

差別化が難しい商品を差別化する方法の一つとして、他社があまり宣伝していない商品メリットを自分たちのセールスポイントとしてアピールすることが考えられます。つまり、他社商品とは違うセールスポイントを見つけるのです。大きな特徴でなくても構いません。たとえ他社商品でそのメリットが得られるとしても、それがパンフレットやちらし等でアピールされていなければないのと同じです。問題はターゲットにそのメリットが伝わっているかどうか。つまり売り文句次第で差別化ができるということなのです。

ライバルに勝つためのセールスポイントは?

競争が厳しく、差別化が難しい健康関連の商品はまさに売り文句が勝敗を大きく左右するといっていいでしょう。思い浮かべてください。健康食品でもダイエット器具でも禁煙グッズでも、冷静に商品を比べればどの商品もさほど差はないことに気づくと思います。そう、勝ち残るカギはターゲットの心をつかむ効果的な売り文句です。健康関連の商品では、たとえば次のようなことがセールスポイントとなるかもしれません。

・簡単

どれでも同じような効果が得られるなら、人は簡単にできる方を選びます。「簡単」は人の心に響く言葉です。誰でも大変なおもいや苦労はしたくないのです。健康関連の商品は、毎日続けなくてはならないものがほとんどなのでなおさらです。

・ランニングコストが安い

健康関連の商品のように比較的長期間使い続ける商品を購入するとき、消費者は最初の購入価格よりもランニングコストに敏感になります。たとえば禁煙パイプならパイプの価格もさることながら、パイプを使うための消耗品「カートリッジ」の価格が重要になるのです。ランニングコストのアピールは、迷っている消費者の背中を押す効果が期待できます。

・時間や場所を選ばない

忙しい現代人が、健康のためとはいえ何かを毎日続けるのは大変なことです。だから自分の都合で出来る、飲める、使えるというのは消費者にとって選ぶべき理由となります。「いつでも、どこでも」はどんな人にとっても大きな魅力です。

決めの売り文句でライバルに差をつけよう!

健康関連のようなライバルが多い市場において、商品力だけで勝負するのはどんな会社にとってもリスクの高い選択といえます。商品だけで勝つのが難しいのなら、効果的な売り文句を駆使して勝負しましょう。

周りの競合商品を見渡し、自社商品の優位点と比較検討することで、自分たちだけの差別化できる売り文句をつくることができるでしょう。ライバルだらけの健康関連商品だって、売り文句次第で競合より優位にたつことができるのです。商品パンフレットなどには決めの売り文句でライバルに差をつけましょう。

制作実績 / 医療・健康

  • 病院紹介冊子制作

    福井県済生会病院

  • 健康カレンダー デザイン制作

    株式会社東京法規出版

  • 病院ホームページ デザイン制作

    日本赤十字社 福井赤十字病院