新卒採用に印刷物の会社案内が外せない理由

採用活動には印刷物の会社案内
 
通年採用、中途採用も珍しくなくなりましたが、企業の採用活動において新卒採用が人材戦略の上で重要なことは変わりません。将来的に会社の中核となりうる人材を確保するため、取引先などに配布する会社案内とは別にに新卒の学生向けの会社案内を作成している企業が数多くあります。
 

印刷物の会社案内が記憶のカギになる

現在は人員の募集方法として自社ホームページや就活サイト、転職サイトといったWEBサイト経由が多く、会社案内もWEB上に掲載されていますが、就職フェアや転職フェア、合同会社説明会などのイベントでは印刷された会社案内やパンフレットが必要不可欠です。もしも自分が採用イベントにおいて何の資料も配られることもなく説明を受け、他の企業ブースを次々回ったとしたら…恐らく記憶の片隅にも残らないでしょう。印刷された会社案内は、イベントから帰った後に見直すことで説明会の様子を思い出す記憶のカギになるのです。
 

やっぱり印刷された会社案内の方が読みやすい

印刷された会社案内は、インターネットを使わずともページをめくるだけで情報を収集でき、ネットワークに接続しにくい場所でも読むことができます。しかも、WEBサイトをスクロールするよりもページをめくるほうが見やすく、情報を刹那的に収集していくWEBサイトの閲覧よりも就職フェアやなどで配布された印刷された会社案内の方がじっくりと読み込めるのです。
 

会社情報の入手方法は応募者にまかせる

就活サイト、転職サイトにおいて会社の雰囲気を紹介する動画を使うことも多くなってきました。印刷物の会社案内に直接動画は載せられませんが、会社案内にQRコードを付けることでスマホの動画ページへ誘導する仕掛けを組み込むことも可能です。WEBサイトにしろ印刷された会社案内にしろ、掲載されている情報に差異はありません。重要なことは、いかにして応募者に会社の情報を届け、魅力を感じさせるかです。そのためにO to O、オンラインとオフラインの垣根をなくして応募者にとって会社情報を入手しやすい環境を提供することが求められているのです。会社案内を印刷して作成し、配布するには手間暇がかかります。情報が更新されれば改定していく必要もあります。それでも需要があることに変わりありません。
 

よりよい人材を採用したいと考えている企業にとっては、自社をアピールするツールを一つでも多く作るよう心がけましょう。そのためには、通常の会社案内に加えて、採用パンフレットとなる会社案内の2パターン制作するなどの工夫をしていくことおすすめします。

 

採用ツールはウララコミュニケーションズで