来院者に信頼される病院用パンフレットを作成するには

信頼される医療パンフレットとは
 
患者様や来院者が診療所の診療案内や病院の入院案内といったパンフレットに期待していることは何でしょうか? それは「安心感」です。病気を治療してくれる。手術を任せられる。不安を和らげてくれる。弱った体をケアしてくれる。といった身心の悩みを解決してくれる病院・医療機関であるかどうかを確かめたいのです。医師と患者が顔を合わせる前から「安心感」を生み出すのが病院用パンフレットの役割です。お互いの信頼関係が生まれるコミュニケーションツールとして機能するパンフレットを制作をするためのポイントを確認しましょう。

デザインと色が持つイメージ

医療機関なのでクリーンなデザインにしたいという声をよく聞きます。信用・信頼につながる正しい選択ではありますが、無駄なものを省きすぎてクリーンというよりはクールになっている医療パンフレットも少なくありません。クールなデザインはIT系なら効果的ですが、医療系だと逆に冷たい印象をもたれてしまいかねません。医療機器のカタログならそれもありですが、開かれた病院・診療所のパンフレットとしては、温かみのあるハートフルなデザインテイストをおすすめします。ピンクやオレンジを全体のカラー、もしくは重要な文字の色に使うことで、優しく暖かなイメージを与えることができます。

来院者が理解できるテキスト

子供から高齢者まで老若男女が訪れる病院のパンフレットなのに、情報が詰め込みすぎて文字が小さくて見えない、専門の医療用語なので意味がわからないなんてこともあります。ひどい場合、文字の小さな眼科のパンフレットや難しい漢字ばかりの小児科のパンフレットもあります。眼科のパンフレットはフォントサイズを大きく、小児科のパンフレットは漢字にフリガナを付けるなど、どのような人が読むのかを意識した構成で制作しましょう。

専門知識がなくても伝わる画像

施設や設備の写真を載せることで、安心感を演出することができます。高級感は必要ないかもしれませんが、こうした写真を一枚あるだけでリアリティが増すので、安っぽいパンフレットから脱却できます。医師や看護師の写真を載せることで安心感も出せます。冷たいメージを与えたくない場合は、かわいらしいイラストを使うことで患者の緊張や不安をほぐし、読みやすさも向上し、一石二鳥です。特に、歯科医院の場合は、症状別のイラストを用意することで、自分の歯の状態をわかりやすく理解してもらうことができる効果もあります。

来院者は最新の医療機器や医薬品が欲しいのではない

T・レビット博士の「ドリルを買う人が欲しいのは「穴」である」というマーケティングの格言があります。患者様も機械や粒が欲しいのではありませんよね。病院のパンフレット作成も同様に、医療設備や態勢の列挙に終始するのではなく、それらがあることで患者様にとってこういう悩みを解決してくれる医療機関である、といったメリットとその裏付けを載せて患者様の安心感に繋げていきましょう。
 
昔から通っている病院・治療院ならともかく、初めて訪れた場合はそこで手にするパンフレットの印象がその医院の印象になります。伝えなくてはいけないことをただ伝えるのではなく、来院者の安心感につながる病院パンフレット作成を目指しましょう。

 

病院・診療所の各種医療・介護パンフレットを制作します