観光パンフレット作成!選ばれるポイントは?

旅行に行きたくなるパンフレットとは?
 

いい観光パンフレットって何が違うの?

旅行会社や自治体にとって、PRツールとして欠かすことのできない旅行パンフレット。一度作成したら量産・刷新を繰り返すものなのに、結局、在庫が山積みになっているなんてことはありませんか? 原因として、パンフレットの中で観光地の魅力を十分に伝えきれていない可能性があります。貴重な時間とお金をかけて行先を選ぶわけですから、「ここに行きたい!」と思わせられるような見せ方になっていなければ、行先がまだ決まっていないお客様に選ばれる旅行パンフレットにはならないわけです。特別な企画を立てなければいけないかというと、そういうわけではありません。成功している旅行パンフレットを見ていても、意外とオーソドックスな企画だけで成り立っています。各コンテンツの見せ方が全然違うのです。では、選ばれる旅行パンフレットのコンテンツはどのように作成されているのでしょうか。

パンフレットには旅行者が知りたい情報を載せるべし。

旅行者を集めるには特産品や名物、絶景スポットや観光地をバンバン載せるべき!なんて思っていませんか?それ、観光情報の押し売りになっているかもしませんよ。旅行者は十人十色。載せる情報すべてに興味がある人はごく稀で、ほとんどの人には興味のないコンテンツが少なからず出てくるでしょう。興味のないコンテンツを充実させるよりも、基本をしっかりと押さえたコンテンツを充実させた方が賢明なのは明らかです。

観光MAP

観光スポットをイラスト化して、どこに何があるのか一目でわかる地図で観光地を魅力的にみせましょう。観光地の雰囲気に合ったデザインでまとめるのがポイント。むやみやたらとスポットを詰め込んで、ごちゃごちゃした見にくい地図はNG。○○通りなどの道名はマストで記載。広範囲の場合は、エリア毎に分割して作成しましょう。

 

モデルコース

利用者にとっても、一番わかりづらく作られているのがこのページ。どこからどう行けば各スポットに着くのかがわかりやすいように設計しましょう。スポットの組み合わせが大切なので、自分が観光客になったつもりで何案も検証していきましょう。広範囲の場合はエリアに用意した方がいいですが、グルメ満喫・体験重視・歴史探訪などのジャンル別に提案するのものおすすめです。

 

グルメ紹介

旅の醍醐味といえば、やはりグルメ。広島のお好み焼きにもみじ饅頭、横浜の中華街、成田のうなぎなど、その土地ならではの料理があるなら、それを大胆に特集として紹介するのもいいでしょう。郷土料理やB級グルメなどあまり知られていないものも取り上げることで、「こんなところにこんなものが!」といった意外性、「ここでしか食べられない!」といった希少性、「○○から続く伝統の逸品」といった由緒などをアピールし、これまで興味なかった人を訴求することもできます。

 
 
旅行パンフレットは奇抜な企画を立てるより、定番のコンテンツを充実させる方が実は効果的だったりします。そのためには、エリアにある資源をもう一度洗い出し、整理し、組み合わせることが求められます。ウララは福井県の観光パンフレットを初め、大手出版社の旅行雑誌の制作に数多くの経験とノウハウを持ち合わせています。一度お試しいただいてはいかがでしょうか?

 

勝てる・選ばれる・愛される旅行パンフレットはウララコミュニケーションズ