観光パンフレット制作に欠かせない5つのポイント

161019

観光パンフレットは集客用のパンフレットと実際に観光客が持ち歩く情報用と大きく2つの用途に分けることができます。それぞれで重視することはもちろん異なるのですが、共通している点もあります。今回は観光パンフレットを制作する際に欠かせない5つのポイントについてご紹介します。

百聞は一見に如かず

パンフレットは文学作品ではありません。どんなに上手で読ませる文章を連ねたとしても文字だらけのパンフレットは人気がありません。なぜなら、パンフレットを見る人の目的は「パンフレットを読むこと」ではなく、「観光地の情報を知ること」だからです。読んで得られる情報よりもビジュアルで得られる情報のほうがわかりやすく、早く、そして楽です。

文字情報ももちろん必要ですが、できるだけ写真やイラストなどのビジュアルでレイアウトを構築すべきです。文字情報は写真の補足説明などにとどめるようにしましょう。

地図情報はわかりやすく

観光地を訪れる人の大きな興味関心事は、行きたいところがどこにあるのか、どれくらいで行けるのかということです。駅などの公共交通機関から「徒歩◯分」という情報も大切ですが、多くの方は他のエリアから来るのでどのように行けばいいのか道順が不明です。こうしたときに使えるのが地図です。

ところが、パンフレットなどに掲載する地図は紙面の都合上なのか、簡易的で距離感もつかみづらく、わかりにくいものが多いのではないでしょうか。わかりにくい地図を載せるくらいなら、QRコードを掲載し、ウェブ情報にジャンプしてもらった方が良いでしょう。スマートフォンにてウェブを見てもらう、もしくはマップアプリを活用してもらうことでよりスムーズに案内することが可能になります。

ウェブとの連携

当然のことながら、パンフレットに全ての観光情報を詰め込むことは不可能です。パンフレットには必要最低限の情報にまとめ、いかに興味を引くかにポイントを絞りましょう。しかし、それでは全く魅力が伝わらないのではないかと心配する声が上がるかもしれません。

そんなときのために、ウェブサイトと連携を図ることができます。詳しい情報はウェブサイトへと掲載する、もしくはすでに十分な情報がアップロードされているサイトと連携を図ることによって、詳しい情報を事前に知ってもらえます。インターネットで検索することが当たり前の時代だからこそ、ウェブとの連携は必須事項と言えるでしょう。

よそ者の声を拾う

なぜこの地域に魅力を感じたのか、何が目的で訪れたのかなど、観光客のニーズを知っているのは観光客自身です。地元の人に聞いてもこればかりは答えようがありません。外からの視点が必要になります。観光客にアンケートやインタビューを行うのも一つの方法ですが、彼らには時間があまりないため、長時間の協力は望めません。

そこで注目したいのが地域に引っ越してきた方や移住してきた方の存在です。どんな点に魅力を感じたのか、何があったらもっと良いと思うかなど率直な意見を求めてみるのはいかがでしょうか。地元の人には見えないポイントが見えるかもしれません。

予定を立てやすい情報を掲載

パンフレットには観光客が不快な思いをしないような必要な情報を掲載する必要があります。例えば、オススメしているお店の定休日や営業時間です。行ったけれどもお店が閉まっていたとしたら、非常に残念な気持ちになってしまうことでしょう。できるだけストレスを感じないような気遣いをパンフレットにも含めていけるとより良いパンフレットが完成するのではないでしょうか。

観光パンフレットを作成する際には想像力が欠かせません。観光客がどのように調べてどのように動くのか、また、どんな情報を欲しがっているのか、イメージを膨らませ、ぜひ、5つのポイントに留意して配慮のある使いやすいパンフレットを作成してみてはいかがでしょうか。

制作実績 / 旅行・観光

  • 旅行ガイド誌制作

    株式会社昭文社

  • 観光パンフレット制作

    勝山市役所 商工観光部 観光政策課

  • 観光案内パンフレット制作

    福井県観光営業部観光振興課