読み手を引きつける写真と文章の効果的な使い方

160711

集中するのが難しい時代になった

私たちは毎日たくさんの情報にさらされています。
しかもインターネットの登場により、あらゆる情報が簡単に手に入るようになりました。

その結果起こったことは、我々がひとつの情報に接する時間は非常に短くなったということです。たくさんの情報の中から、自分にとって価値のある情報かどうかを瞬時に判断しなければならなくなったのです。

これは、どんな広告でも、どの媒体でも、読み手の関心を引き続けるのは難しいということを意味しています。広告でも、DMでも、Webでも、読み手の興味を引き、関心を持続させるには、見やすくて理解しやすいビジュアルが必要です。どうすれば、読み手をあなたの媒体に留まらせることができるでしょうか?

読み手を注目させる写真の使い方

どの媒体でも、写真は読み手の気を引く最大の武器です。写真を上手に使えば、相手の注目度をさらに上げることができます。

すべての写真に必ずキャプションを入れる

写真の下に入るキャプションは、読まれる確率が高いことが分かっています。キャプションにメッセージやベネフィットなどを入れれば、効果的に伝えることができます。キャプションを入れないのは、実にもったいない写真の使い方といえます。

人の顔が写った写真を使う

人間は無意識のうちに、人の顔に注目します。顔は言葉では表せない情報を発信しているからです。だから、人の顔写真を使えば、自ずと注目されることになります。特に笑顔は相手に安心感を与え、共感させる働きがあります。内容とマッチしているなら、人の顔写真を積極的に使うことで注目される確率が上がります。

写真の大きさを変える

同じページに写真を複数使うときは、写真の大きさに大小をつけましょう。そうすることで、紙面全体に動きが出て見やすくなり、注目されやすくなります。

読み手を引きつける文章の書き方

写真同様、文章も相手の関心を引く大切な要素です。文章の書き方次第で、読み手の興味は大きく左右されます。

文章を小さなセクションに区切る

文章が長くなるほど、読み手の集中力は削がれていきます。読むことへの抵抗を減らすためには、小見出しを使って文章を小さなセクションに区切りましょう。
長々と続く文章の固まりを見ただけで、読み手はそこから逃げ出してしまいます。

一文はできる限り短く

長い文章は読むのに疲れます。内容を理解するのも難しくなります。文章の終盤を読むころには、初めの方の内容は忘れられているかもしれません。一文を短くすれば、読み手の集中力が途切れるのを避け、最後まで読まれる確率が高くなります。

簡単な言葉を選ぶ

できるだけ簡単な言葉を選んで文章を書きましょう。大切なのは内容を瞬時に理解させることです。瞬時に理解できれば読み手の集中力は続き、関心を引きつける可能性が高まります。小学生にでも理解できる言葉で書くことを意識しましょう。どんなに教養のある人でも、簡単な言葉を使ったことに憤慨する人はいないのですから…

専門用語は避ける

専門用語は特定の小さなグループにのみ通じるものです。その言葉をさも一般的な言葉のように使えば、グループに関係ない人たちには内容が伝わらなくなってしまいます。
専門用語や業界用語は違う言い方ができないかを考えましょう。

ただし、特定のグループのみを対象にしたメッセージでは、専門用語を使うことで理解度が増し、共感を得られることがあります。この場合は、専門用語を使ってもOKです。

箇条書きを使う

箇条書きは読み手の理解を助ける有効な手段。情報量が多い場合には、特に効果的です。箇条書きで情報やベネフィットをまとめてあげれば、読み手の頭にすんなり入っていき、メッセージは伝わりやすくなるでしょう。

芸術性を追求しても意味ない!

広告や販促ツールの目的は商品を売ること。ここに紹介したテクニックも、すべて読み手を引きつけ、こちらのメッセージを理解してもらい、行動へと駆り立てるためのものです。読み手を引きつけるビジュアルは、結果的に整然とした美しいレイアウトになりますが、そこに芸術性を求めても意味はありません。凝った書体や捻った言い回しで商品が売れることはないのです。

目指すは読み手の関心を引き、内容を一瞬で理解させること。考えようによっては、それこそが芸術的なことかもしれませんね。

 

雑誌編集社だからできる文章作成、紙面構成ならウララコミュニケーションズ<

制作実績 / 出版・書籍

  • フィギュアスケート特集MOOK制作

    ぴあ株式会社

  • 医療系ムック制作

    株式会社 朝日新聞出版

  • 受験雑誌連載記事制作

    株式会社実務教育出版