販売促進から広報・PRまで! パンフレットで課題を解決

パンフレットで課題解決
 
ひとえにパンフレットといっても内容は千差万別。パンフレットを制作しようと決めた目的も違えば、そのパンフレットでどのような効果を狙っているのかも違います。つまりスタートラインもゴールも違うわけです。たとえば会社案内の新規作成なら会社を立ち上げたというスタートがあり、自社を紹介するツールを配布して認知度を高めたいというゴールがあるわけです。そのため、会社案内というツールは自社のPRに特化しています。それがパンフレットなら、販売促進、広報・PR、営業支援、ブランディングなど目的に応じて企画・構成を自由に展開できるのです。

販売促進

パンフレットを通して、商品やサービスの魅力をターゲットに伝えて購入や導入を促すことができます。カタログの場合だと自社の全商品またはシリーズや同じカテゴリーの商品をまとめて紹介できるので、たくさんある中から選んでもらうという構成になります。パンフレットは一つの商品をとことん掘り下げることができるので、特定の商品をより理解してもらいたい、購買意欲を高めたいという場合におすすめです。

広報・PR

展示会の出展やイベントの開催においてもパンフレットは効果を発揮します。展示会では自社のことを知らない来場者がたくさんいらっしゃいます。自社を紹介するなら会社案内が適切ですが、「どんな会社」よりも「どんな商品」「どんなサービス」なのかを知ってもらいたいなら会社案内の要素も取り入れた商品パンフレットやサービスパンフレットを用意するといいでしょう。そうすることで一冊のパンフレットで「弊社はこのような事業をしている企業で、このような商品やサービスをリリースしました」という情報を伝えることができます。

営業支援

営業活動における受注効率を高めるためには、最新のデータや実績、事例などをまとめた営業資料として効果的なパンフレットを用意しましょう。全スタッフがパンフレットを共有することで、トークスクリプトやマニュアルも作りやすくなり、一人ひとりのスキルの差を解消することができます。パンフレット作成の際には、どのようなトークに相手が興味を持ったのか、自社についてどんな印象を持ってもらえたのか、契約できた要因は何だったのかという過去のデータをベースに制作をするので、社内スタッフの協力が必要になりますが、その分効果的なツールに仕上がります。

ブランディング

商品を購入する際、サービスを導入する際に「この企業なら安心」とお客様から思ってもらえればそれはブランディングに成功しているということです。商品やサービスを内容やコストでなく、企業で選んでもらえるようになれば必然的にお客様は拡大します。ブランディングはイメージ戦略なので、企業のイメージが良くなければ成功しません。そのイメージ作りは、あらゆるコンテンツで展開すべきですが、とりわけ商品やサービスに特化したパンフレットは外せません。その商品・サービスはどのようなもので、利用するとどんなメリットがあるのかといった具体的な情報を、どんなイメージを持ってもらいたいかという企業パーソナリティをベースにしたデザインで表現することにより、お客様側から見た商品・サービスの印象を良くすることができます。
 
このようにパンフレットはさまざまなシーンにおいて、目的に応じた情報を発信できる貴重なツールです。ページ数が少なければ安価で制作できますので、パンフレットで解決したい課題がございましたらお気軽にご相談ください。

 

パンフレット制作の相談はウララコミュニケーションズまで