プレゼン資料を再利用してカタログやパンフレットを安く作成

プレゼン資料をパンフレットやカタログに再利用
 
営業活動において、パワーポイントで資料を作成する機会があるかと思います。印刷して配布したり、プロジェクターで映してプレゼンするなど、その用途は多岐に渡ります。

特に大きなコンペのために作成した資料は、費やされた費用や人員、時間を考えると非常にクオリティの高いものになっているかと思われます。折角作った資料を1回使って終わらせてしまうのは、もったいないと思いませんか?

作った資料のコンテンツを会社案内やカタログ、各種パンフレットのコンテンツとして再利用すると安い価格でリニューアルすることができます。既に作られた資料の内容をベースに作るので、一から構成案や原稿を用意するのに比べてコストカットできるのです。もちろん、パワーポイントで作成した資料もきれいに整理して、内容も吟味した上でコンテンツを改良。デザインも形の決まったフォーマットではなくオリジナルのデザインで作成、キャッチやグラフもより訴求できる見せ方が提案できます。何より、一度使用したコンテンツなので営業資料として使いやすい紙面が出来上がると思います。

パワーポイントの資料はプレゼンなどの場では効果的ですが、デザイン的な制限がある上、会社のプリンターで印刷した紙をホチキスでとめた簡易的な資料は、専門業者で作成した高品質なものに比べて少し寂しく感じられます。

そこで会社案内やカタログ、パンフレットといった媒体にそこで記されている内容を活用し、人の目に留まるようなセンスの良いデザインに仕上げれば、目を通してもらいやすくなります。自社のイメージやサービス内容・商品のスペックなど魅力的な部分をきちんと相手に伝え、取引へとつなげていくことは企業活動の中で最も大切なことです。

また、社内のみで作っていた時には見えなかったことが、第三者の制作会社との打ち合わせの中で見えてくることもあります。そうした部分も上手く盛り込んでいけば、より価値ある紙面ができあがり、相手に訴える会社案内やカタログ、パンフレットが完成します。

 
プレゼン用の資料で会社案内パンフレットを作成するならウララコミュニケーションズ