パンフレット制作 ウララコミュニケーションズ

プロが教えるコンテンツ制作ガイド

パンフレット・会社案内などのデザインツール制作に役立つノウハウ集。

パンフレットの価格は「質」と「量」で決まる

特産品カタログ
 

パンフレットの相場は何をもって決まるのか。製作費をなるべく安く作りたいと思うのは当然のことですが、品質を上げればその分コストはかかり、ページ数が増えればその分コストも膨らんでいきます。つまり、「質」と「量」の配分の見極めが重要になるわけです。

ページ数が既に決まっている場合、予算の中でできるページ数と価格で制作いたしますが、可能なら紙面全体の構成をプロに提案させてください。もちろん、無駄に長くするつもりはありません。そんなことをすれば訴求ポイントが弱くなってしまい、パンフレットの価値が下がってしまうからです。かといって情報量に対しページ数が少なければ、リーフレットのような見せ方をしない限り、パンフレットを手に取る人に弱い印象を与えかねません。

ページ数と同様に、どの範囲までを制作会社に任せるかでもコストは変わります。取材・撮影が入る場合はオプション料金として高く、原稿・写真を提供いただける場合は価格が安くなります。

既存のパンフレットを刷新する場合、制作費を節約する作り方があります。それは、今ある写真や文章などの素材を再利用して新規でつくるよりもを価格を抑えることです。予算・コストに合わせて最良のパフォーマンスをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

パンフレット・リーフレット制作

パンフレットのリニューアルで訴求力復活

教育旅行ガイドブック
 

現在使用しているパンフレットの情報が古くなってきた。効果を感じられなくなってきた。そんな場合は作り直しを検討した方がいいかもしれません。今の時代に合った刷新を速やかに行うことで、パンフレットを通して伝えたい情報をよりターゲットに対して訴求できるようになります。

では、リニューアルするにあたり、何をどのように考えたらいいのでしょうか?まずは、今のパンフレットに何が足りないのか、なぜ魅力的ではないと感じるのかを見直すことです。そうすることで、自ずとどのような構成にすべきかが見えてきます。当然、商品やサービスについても何がウリなのかを再確認することは忘れてはいけません。他社と比較することは自分たちでは気付いていない自分ならではの魅力を見出すことに有効です。

現在のパンフレットで使用している写真を引き続き使用したり、文章を一から書き直すのではなくリライト・再編集することで、コストを削減することができます。予算に収まるように、見積もりを用意しますので、是非お気軽にご相談ください。

既存のパンフレット・リーフレットの刷新を検討している企業・団体様

パンフレットを広告媒体として活用する方法

特定保健指導パンフレット

 

パンフレットは、ターゲットに直接渡すことのできる企業広告ともいえます。平面の広告と比較してページの数だけ載せられる情報スペースが多くとれますが、 あまりに詰め込みすぎるとアピールポイントが埋もれてしまい、伝えたい相手に届く確率は低くなってしまいます。

ページ数も増やすことで情報量も変わってきますが、それはおのずと予算にはね返ってきます。その限られた製作費の中でいかに自社の商品やサービスを魅力的に宣伝し、広告効果を上げるかが、パンフレットの価値を決めると言っても過言ではありません。

まずはパンフレットを作る目的を明確にし、そのために何を伝えるのか筋道を立てておくことが重要です。パンフレットは営業の場において顧客にダイレクトにお見せすることができるツールなので、あらかじめ口頭で補足説明する要点を決めておくことで、無駄な説明を省いた一番伝えたいことを際立たせることもできます。

パンフレット・カタログ制作

パンフレットのテキストを読ませるコツ

資格取得パンフレット
 

パンフレットにいろいろな情報を詰め込みたいという気持ちはわかりますが、紙面を読ませるにはテキストが簡潔であることが大事です。長々と書かれても紙面全体がごちゃごちゃした印象になり、読者は途中で見ることをやめてしまいます。

まずは情報に優先度を付けて、何を伝えたいのかを整理すること。そうすれば自ずと文章は短くなります。

その中でも特に伝えたいポイントは

  • 箇条書きでまとめたり
  • アンダーラインを引いたり
  • ゴシックにしたり

して見る人の目を引きます。特にタイトル扱いとなるテキストについては、リボンや円で囲ったり、色をつけたりするなどのデザイン処理を施し、見る人に何を伝えたいページなのかが一目瞭然となるようにします。少し変わった手としては、会社のイメージキャラクターに複雑な事業内容をナビゲーションしてもらうというやり方もあります。

パンフレット・カタログ制作

ウララへの問い合わせはこちら

ご相談・見積は無料。ちょっとした質問でもお気軽にご連絡ください。