パンフレット制作 ウララコミュニケーションズ

プロが教えるコンテンツ制作ガイド

パンフレット・会社案内などのデザインツール制作に役立つノウハウ集。

取材では話を聞くだけ? いえ……体、張っています!

これまで医療系の雑誌編集などをしていた私は、
ありがたいことに医療系の仕事を任されることが多い。
そして、その度に医療機関へ取材に行くことになるのだが、
医師の話を聞くのは、実に楽しい。

医療は自分の身近なものなのに、まったく未知の世界。
そんな私でも、医師の話を聞いているだけで、
自分の頭がよくなったように思えてしまうから不思議だ!

これまで取材してきた医師は優に100人を超える。
こうして門前の小僧的な知識を蓄えた私は、
いろいろな人に知ったかぶりをかましているのは、
ここだけの話にしておこう。

取材って、ただ話を聞くだけでしょ、
……なんて思われるかもしれないが、
いやいや実は、体を張ることもあるのだ。

それは、取材内容に合ったイメージ写真を撮る時。
患者さんに協力していただくわけにはいかないので、
どうしても自分がモデルになるしかない。

患者役で医療面接を受けるシーンや
写真のように歯科治療を受けるシーンなど、
俳優よろしく、いろいろな患者役になりきってきた。

karasawa2

そんな中いちばん大変だったのは、内視鏡の取材の時。

そのクリニックでは、当時では画期的な経鼻内視鏡を
いち早く取り入れ、患者負担を減らすことに努めていた。
「オエッてならないし、会話しながら検査できるんですよ」
と医師も笑顔で説明する。

私は一応聞いてみた。
「実際に患者さんに使っている写真ってありますか?」
「ないですねぇ。なんなら今撮影しちゃいます?」
……私のいやな予感は当たった。

まずは鼻の中に麻酔のスプレーをして、いざ挿入。
確かにオエッとはならないが、異物が鼻から挿入されるのだ。
どうしても涙が出てきてしまう。

「痛くないのがウリなんだから、泣かないでくださいよ~」
カメラマンがニヤニヤしながら注文を出してくる。
そんなこと言ったって、出るものは出るのだから仕方ない!
……なんて言えるわけもなく、がんばって笑顔を見せた。

ようやく鼻から内視鏡が抜かれた。
「胃の上部しか見ていませんけど、きれいでしたよー」
これで異常があったら目も当てられない!
とはいえ、タダで検査してもらえたのはラッキーだった。

このように時には体を張りながら仕事している我ら編集者。
「どんな時でもお客様の立場になる」はお任せください!

karasawa1

(プロフィール)
柄澤正明
編集・ライター歴は16年。
主に「医療」「食」分野を経験してきました。
会社のみんなとカラオケ倶楽部を作るも、
それぞれヒトカラ行って楽しんでます(笑)。

制作実績 / 医療・健康

  • 地域医療広報誌制作

    株式会社東京法規出版

  • 医療系ムック制作

    株式会社 朝日新聞出版

  • 病院紹介冊子制作

    福井県済生会病院

おわりの1歩
~東南アジア最高峰でお気軽登山~

150323_1

マレーシアのボルネオ島を訪れた。
さっそくこの旅のハイライト、キナバル登山に挑む。
標高4095mで東南アジア最高峰! 1泊2日のアタックだ。
ちなみに登山経験は皆無で、富士山も登ったことがない。

午前9時に麓のキナバルパークに到着し、
入山の手続きを終え、山岳ガイドをアテンドされて出発。
ただ残念ながら英語が話せないガイドで、黙々と彼の後を付いていくしかない。
初日は3500m付近にある山小屋まで登る行程だ。

登り始めてわずか1時間、まず右膝が悲鳴を上げた、、、。
手術は回避したものの、半月板損傷中。
ずいぶん前に登山の手配をしてしまったため、いまさらキャンセルできない!と、強行したがやはりまだ登山はきつかった。
右膝をかばいながら登っていくと、今度は左膝まで痛くなってきた(泣)

キナバルは初心者でも登りやすい山だとか。
たしかによく整備されているが、3500mまではほとんどが岩の階段だった。大小さまざまな岩が飛石状になっていて、足場を確かめながら、ひたすらに登っていく。

そう、標高差2000mを一気に!

膝の痛みに耐えながらそれでも1歩、また1歩と足を前に出す。
鉛のように重たい、、、。
痛みはいつしか鈍さに変わり、心にのしかかる。
見上げればひたすらに続く岩の道。

「何の罰ゲームだ!?」

肩で大きく息をしながら、逃げ出したい衝動と闘っていた。

1歩進むための気持ちを振り絞る!
終わりの見えない辛さを人生と重ねてみる。

「あきらめれば楽なのに…」

生きてく中で、そんな囁きに心が揺さぶられる瞬間は多々ある。
その1歩に意志を込めらるかでこの勝負は決まる!!

次の1歩を刻む。
こんな小さな1歩だけどそれが積み重なってここまで来た。
歩くって人生なんだな…。
そこで歩みを止めてしまえば、未来へはたどり着けないし、
がんばって次の1歩を踏み出せば、
まだ見ぬ世界が広がる。

道は“未知”であり、
未知を辿れば、人生は“満ち”となる。

何日もひとりで歩いていると
することは自己対話のみ。
こんな哲学的な言葉が浮かんで消えていく。

ふと、なんでこんなことをしているのか考えてみた。

誰かに褒められたいから?
誰かに自慢したいから?
強くなりたいから?

うーん、どれも違う。

多分意味はないし、意味を探す必要もない。
ただ、なんとなく。

これが答えだ。

いちいち意味を考えてたら、
世の中ムダなことばかりで何もできなくなる。
なんとなく、でやってみて、
あとから意味がついてこればいいんじゃないかな?

人生でベスト3に入るくらい、辛く長い6時間が過ぎた。
こんなに重たい1歩はないってくらい、何度もえいっ!と踏み出した。

だから、ゴールした感動は言葉で言い尽くせない。

そして、キナバルの空を染めた夕陽は、最高のエールだった。

明日は山頂に挑む。
ゴールも束の間、数時間後にはスタートラインに変わるから無情だ。

同部屋の中国人が薬を1錠くれた。
マッスル、リラッ~クス!
と、説明しながら。
恐る恐る飲んでベッドに潜りこんだ。
たしかに鉛のような身体は楽になった。
ただし、強烈な胃の痛みと引き換えだった、、、。

そして、ほとんど眠れないまま、
出発の時間(午前3時)を迎えることになった…。

~2日目~

150323_2

星を目指して歩いている気分だった。

午前2時半、山小屋を出発し、キナバル山頂を目指す。
標高4095m、それは普段着の登山の領域を外れていた。

昨日の岩の階段地獄から一転、今日は壁が待ち受けていた。
山小屋から山頂までは約3kmの行程だが、その大半をロープ片手に壁を登って行くから辛い。
傾斜45度は言い過ぎかもしれないが、星明かりの下、ロッククライミングは正直荷が重かった…。

もし滑ってロープを離したら、暗闇の中、斜面を滑り落ちて死ぬ!
足の親指にチカラを込め、岩をつかむ気持ちで前に進んだ。
昨日よりもさらに1歩の重さを感じながら。

ベッドライトの明かりの列はまるで聖者の行進。
一列になって星を目指して歩いている気分だった。

もう、ホントにここが限界!!!!!

そう何度も呟きながら、それでもわずかな歩幅を刻む。
わずか数センチでも、頂上までの距離を剥ぎ取る気持ちで、
奥歯にチカラを込めた。

何度も休憩し、一口水を流しこんでは、
「エネルギーに変われ!」と、祈った。
動け、この両足!

平らな場所をみつけて仰向けに寝転んでみる。
流れ星が1つ空からこぼれた。
岩肌の冷たさ、空の近さ、全身の痛み、浅い呼吸、、、。
生きてるんだなぁ、としみじみ実感した。
限界はとっくに超えていたけど、
一度きりの魔球を投げ込む気持ちでいた。

150323_3

4時間後、
一番高い場所にいた―――。
やればできる!
這いつくばりながらも
気持ちは天下を取っていた。

(プロフィール)
矢田和彰
年に3回の海外旅行がモチベーション!
旅するために働く、元バックパッカー営業マン。
世界一周し、これまで訪れた国は72か国。
出張案件目指して今日もがんばってます。

ウララへの問い合わせはこちら

ご相談・見積は無料。ちょっとした質問でもお気軽にご連絡ください。