タグ別アーカイブ: チラシ

チラシ制作のデザイン料金、相場はこう決まる

チラシ制作のデザイン料金、相場はこう決まる
 

チラシやDM、広告を使って販売促進したい! 集客したい! でも費用はなるべく抑えたい、と日々お悩みの担当者は多いでしょう。制作会社のホームページを見ても料金がよくわからない、見積りを取ってもサービス内容や相場がわからない。そこで、どのような項目が料金や相場に関係するのかを具体的にご説明します。

チラシを作るのにかかる料金は、大まかに言えば「制作費」「印刷費」「発送費」の3つに分かれます。

1.制作費

チラシのデザインやその素材集めにかかわる費用です。
デザイナーのデザイン費やライターやカメラマンの取材費や撮影費などが該当します。

デザイン費

チラシのサイズ
A4サイズとA3サイズでは単純に面積が2倍違うので料金も変わります。

片面か両面か
両面と片面では単純に面積が2倍違うので金額も変わります。

インクの色
白黒印刷、フルカラー印刷、単色・多色(指定の色のインクだけ使う)によって、金額は変わります。

取材費・撮影費

ライターやカメラマンの手配に料金が発生します。
請ける人によって請負単価が違ったり、取材場所によって出張費が変わることがあります。

撮影に必要な貸しスタジオやモデル、メイク、小道具の費用も考えられます。

2.印刷費

用紙・サイズ
大きく、厚いほど紙代がかかります。
また素材や手触りなど用紙によって紙の単価が変わります。

インクの色
白黒印刷、フルカラー印刷、単色・多色(指定の色のインクだけ使う)によって、金額は変わります。

印刷部数
たくさん刷るほど印刷費がかかります。

3.発送代・送料

配布するエリアと数によって、発送代が変わります。

 

相場を調べる際の落とし穴

制作会社によってはホームページで料金表を掲載していますが、ほとんどが「最安の値段の条件を満たした場合」の料金なので、原稿作成や撮影、イラスト作成など希望するサービスが料金に含まれるのかを確認しないと想像以上に費用がかかることがあります。発注の前には見積りを依頼し、サービス内容を確認しましょう。
 

コストパフォーマンスのよいチラシを作るためには

チラシを作るにあたって、削れる部分と削れない部分、最低限守るべき決まりを明確にしましょう。必要最低限チラシが作れる費用が確定したところで、クオリティアップに残りの予算を配分していきましょう。

チラシの配布部数と発送エリアが決まっている場合、配布の費用を先に決めて予算の残りで制作を請け負ってくれる会社を探したり、デザイン料金を先に決めてから配布部数とエリアを決める場合もあります。

自分でできる部分は自分でやってコストカット

チラシ制作の相場イメージ

A4サイズ、両面カラーのチラシを作りたいとしましょう。制作会社に見積もり依頼したところ、

デザイン費:片面2万円
編集・原稿作成費:片面2万円
撮影費:2時間3万円

という料金が返ってきました。

この場合、両面カラーで作りたいので、

デザイン費:4万円
編集・原稿作成費:4万円
撮影費:2時間3万円

合計で11万円になり、そこに印刷費と発送費が追加されます。

予算的に厳しいけれどデザインのクオリティが高いので何とかお願いしたい。この場合、自分で撮った写真や過去に使った素材を提出してデザインだけを依頼すると、原稿作成費と撮影費の7万円分のコストカットに成功。その金額で部数を増やして広範囲にチラシを配布できます。

また、デザインだけの依頼だと内容の確認をしてくれないのか不安があるかと思いますので、営業担当者が構成案や原稿のチェック、校正などもしてくれるのか確認を取ってみるといいでしょう。渡した素材を言った通りにデザインするだけという会社もあれば、アドバイスやチェックも含めてデザインする会社もありますので、単純な安さではなく、料金内でどれだけのことをしてくれるのかも考慮して業者を選ぶことをお勧めします。

ちなみに、B5サイズ・片面の場合、デザイン料だけで1万5千円~2万円が相場で、サイズが大きいものや複雑なレイアウトのものになると標準的な価格は8万円になり、これに印刷料金が加算されます。
これらはあくまで目安の料金であって、実際にはどこまでプロに依頼するかで値段が変わってきます。

 

クオリティ重視ならオプションもつけて依頼

160324_3

いくら広範囲にチラシを撒いても、内容が良くなければ問い合わせにつながらず、支払った金額が価値のないものになってしまいます。チラシのクオリティアップのためには、デザインだけでなく編集者のディレクション、カメラマンの写真撮影、ライターのコピー作成などをおすすめします。
 
もちろん関わるプロの人数が増えるので、金額も変わってきます。見積もりをもらって予算がオーバーしてしまう場合は、撮影だけを依頼する、コピー作成だけを依頼するなど、自分たちでやる部分とプロに依頼する部分を調整するといいでしょう。

 
また、一概にチラシといっても文字情報が少ないシンプルなデザインのチラシと、間取り図や地図、価格表など細かい情報の多い不動産チラシの場合は、当然制作にかかる時間も変わってきますので、費用にも影響してきます。

作りたいチラシやDMのクオリティと、必要な手間を誰が行うかで料金が決まるのです。予算と手間、料金、クオリティをうまく配分して効果の上がるチラシ作りを目指しましょう。

 

コストパフォーマンスのよい高品質なチラシ制作のデザインはウララコミュニケーションズで

制作実績 / チラシ

  • 資格講座チラシ制作

    株式会社日本マンパワー

  • オープンキャンパスDM制作

    株式会社日本マンパワー

  • 商品カタログ・チラシ制作

    リカーワールド華