タグ別アーカイブ: 広告

ともかく目を引け!インパクト重視の販促・広告術

170331

平凡な販促・広告ではもうスルーされてしまう

世の中はますます広告や販促プロモーションであふれるようになりました。無数とも呼べる情報にさらされ、消費者はたいていの広告に興味を示さなくなっています。消費者に広告や販促プロモーションを受け入れてもらう以前に、気づいてもらうことすら大変な時代なのです。

今や消費者に商品を買ってもらうためには、思わず目をとめてしまうアイデアや読み進めてしまう表現が求められます。そのために必要なのがインパクトです。

インパクトのない広告や販促はスルーされてしまう可能性大です。インパクトがなければ、その商品や企業は気づかれないまま終わります。最も大切なのは認知されることで、広告や販促は消費者の認知を奪い合っているといってもいいでしょう。目指すべきはインパクをもたせながら、反応の高い広告や販促なのです。

商品が平凡?ならばインパクトのあるアピールをしろ!

今の時代、広告や販促にインパクトをもたせることが効果的なのには、もう一つ理由があります。あらゆるモノで満たされている現代社会において、オリジナリティのある商品を世に出すのは難しいということです。

いわゆる平凡な商品、他社とそう変わりのない商品を普通にアピールしたのでは消費者は興味を示してくれません。平凡な商品をいかに刺激的に訴求するかが、広告や販促活動には問われているわけです。商品が平凡ならば、インパクトのある広告・販促をしなければならない。インパクトの重要性はますます高まっているといえます。

インパクト重視の販促・広告術

広告や販促にインパクトが必要とはいえ、無意味な言葉や表現で消費者の気を引いても売れるアピールはできません。インパクトを重視した訴求をするには、綿密に練られた計画性や戦略が必要なのです。具体的には、次のような活動を通して戦略に落とし込んでいきます。

・商品を見直せ!

インパクトを重視した訴求は、ただ単に表現だけの問題ではありません。広告や販促を学ぶと表現に走りがちですが、最も重要なのは商品を見直すことです。見落としがちな特徴や企業目線だけでは気づかない使い方など、消費者の関心を引く事実が隠れているかもしれません。こういった要素がインパクトとなり、広告や販促プロモーションを刺激的なものにします。

・多くを語れ!

直感的な一言がインパクトのある訴求につながるわけではありません。長い文章でも、消費者のニーズをとらえた言葉なら、認知され、興味を掘り起こすことはできるのです。広告が長くなると読んでもらえないと考える人もいますが、「多くを語るほど売れる」というのは広告宣伝の事実です。言葉が長くなるのを恐れずに、必要なことは語るべきです。

・個性を主張しろ!

広告や販促にインパクトを持たせるには企業の個性も大切な要素です。消費者にとって、どんな企業が出している商品なのかは重大な関心事項なのです。企業の個性を活かした販促は消費者に訴えかけます。遠慮せずに個性を主張しましょう。

・周囲からアイデアのヒントを探せ!

170331_2

インパクトのある訴求をするには、やはりアイデアは重要な要素です。とはいえ、机の前で頭を抱えていてもアイデアは生まれるものでもありません。アイデアのヒントは自分の周囲に落ちているもの。常日頃から自分の周りに目を配り、アイデアのヒントがないかアンテナを立てておきましょう。日常のあらゆるところにインパクトな訴求につながるアイデアは落ちているものです。

・他社のアイデアを参考に!

もし、いいアイデアがなければ他社の広告や販促プロモーションも参考にしましょう。表現をまるまる盗むわけにはいきませんが、アイデアを考えるためのヒントになるかもしれません。常日頃から、身の回りにあるいろいろな広告に注意を払うようにしましょう。

恐れずにインパクトを重視しよう!

広告や販促活動で大切なのは、情報の紹介ではなく見る人の関心を引くこと。キレイで収まりのいい訴求では、消費者の気を引くことは難しいのです。消費者の心理に焦点を当て、商品の個性を見つめ直し、そこにおもしろいアイデアやデザインが加われば、他社の広告や販促を抜きん出たアピールをすることができるでしょう。大切なのは“常識”に囚われないこと。
広告や販促は、誤解や批判を恐れずにインパクトを重視することも必要なのです。

制作実績 / 広告

  • ハーレー専門誌 雑誌広告制作

    ハーレーダビッドソン福井

  • ラッピング電車広告 デザイン制作

    福井県観光営業部観光振興課

  • 新聞広告デザイン制作

    株式会社日本経済新聞社