カタログ・パンフレットの製作価格を考える

パンフレット・カタログの製作価格
 

会社の営業や商品の宣伝にはカタログを作ったりパンフレットを準備して活用されています。初めて作る場合は製作の準備が必要になりますし、何度か製作したものの効果があまり上がらなかったり内容が古くなってきた場合には作り直しも検討しなければなりません。

パンフレットを製作する上で一番知りたいのは製作価格でしょう。なるべく安く、高品質なものを作りたいと思うのは当然です。いくつかの制作会社の製作実績や料金表の価格を吟味して、「これくらいのものを作るならこれくらいの予算が必要」といった大まかなイメージをつかんでおきましょう。

ここで注意するべきなのは「オプション料金」です。ほとんどの制作会社は価格競争のために必要最低限の最安価格を掲載していることが多々あります。安易に価格が安いからというだけで制作会社を選んでしまうと、写真や文章を自分で用意する手間がかかったり、別途料金があれよあれよと膨らんでしまうこともあります。「パンフレットを作ってもらう」ために、「自分は何をする必要があるのか」も十分理解しておく必要があります。わからないことがあれば直接問い合わせるのもいいでしょう。

パンフレットは制作会社「だけ」で作れるものではありません。お互いにコミュニケーションを取りながら、情報の整理や商品・サービスについての「売り」「熱意」などを再確認して、それらをまとめ上げて効果的なパンフレットを作成していきます。

まずはターゲットに手にしてもらう事が大切ですし、さらに中を開いて読み進めていってもらわないといけません。写真やイラスト、文字を適当に並べても製作することは可能ですが、作っただけで自己満足に終わっては意味がありません。相手に見やすく伝わるパンフレットやカタログを作ろうと思うと、相当な労力が必要となります。ページ数が少なくても多くてもそれは変わりません。顧客目線でしっかりとした内容にするために、プロの手を借りる事も手段の一つとして覚えておくといいでしょう。

パンフレットは企業の紹介や学校や会社の案内、病院や様々な施設の紹介にも使われています。カタログも同じように豊富なジャンルでの製品やサービスの紹介のために利用されています。雑誌社であるウララなら雑誌製作にかかわる記者、ライターが相手に伝わるように文章を製作するので、自分で上手い文章を書く自信がなくても大丈夫。紙面デザインのデザイナーやカメラマンなど各分野のプロが製作にかかわります。カタログ・パンフレットのデザインや文章、企画などわからないことがございましたらお気軽に相談ください。

製作する場合には、プロに任せるところは任せるが自分でできることは自分でやる。これが最もコストパフォーマンスの良い製作価格の実現方法です。お互いに協力して、伝える側と受け取る側の双方に取って良い内容になるように心がけて下さい。

取材経験豊富だから初心者も安心のパンフレット・カタログ製作のウララコミュニケーションズ