パンフレット制作 ウララコミュニケーションズ

プロが教えるコンテンツ制作ガイド

パンフレット・会社案内などのデザインツール制作に役立つノウハウ集。

保護者を安心させる大学パンフレットデザインの4つのポイント

180213_1

大学生といえば、自己判断も可能な大人として社会では認識されていますが、学費や生活費などを親に頼っているケースも多く、大学進学において保護者の影響は無視できません。学生自身の希望や決断も重要ですが、大学選びの際に保護者に安心してもらうことこそ肝要なのです。保護者を安心させる大学パンフレットを作るにはどのようなデザインが必要なのでしょうか。これから紹介する4つのポイントに注目してみてください。

学校の特色がイメージできるデザイン

大学選びの重要ポイントの一つといえるのが大学の特色です。東京大学であれば、日本最高学府というイメージがありますし、早稲田の政経であれば、弁論が強い政治家を排出するというイメージがあります。そういった大学のイメージをパンフレットで表現するのです。
英語教育に特色があれば、海外留学先の写真を用い、実績としてTOEIC平均スコアや就職先などを掲載すればわかりやすくイメージできるでしょう。イメージを膨らませるためには背景のデザインも重要です。大学のイメージに合う色や写真、イラストのセレクトをしましょう。

学費や奨学金がわかりやすいデザイン

180213_2

保護者の最大の関心事は費用についてでしょう。ここをわかりやすくすることは保護者を安心させる重要ポイントです。パンフレットに記載する際、年額いくらかかるかというアバウトなものよりも、いつ、どのくらい必要となるかを明記することが重要です。払う金額はもちろんのこと、そのお金がどのタイミングで必要となるかで、用意する方法が変わってくることもあるからです。

これらの情報をデザインする場合、年額いくらかかるかという情報は最初に知りたい点なので大きくし、その付近に支払うタイミングと内訳があると良いでしょう。

成績優秀者が利用可能な奨学金があればその条件も必須です。奨学金は大学独自の制度があるかないかが情報として重要なのです。そのため、奨学金があるということを強調する必要があります。それさえわかれば、興味のある保護者は詳しい条件や金額は小さく記載されていてもしっかりと読むことでしょう。

進路が明確なデザイン

大学を卒業した後の進路も保護者の大きな関心事の一つです。これまでの実績をどのようにデザインするかが問われます。わかりやすいのは予備校のパンフレットです。国公立◯人合格、早慶上智◯人合格などの文字が並んでいるのはイメージできるでしょうか。このようにわかりやすく実績を数字でまとめることが進路についてのデザインのポイントです。

公務員◯名合格と大きく見出しを出した後に◯◯県、消防署、警察庁などの具体的な実例を挙げていくと良いでしょう。中でも国家公務員一種合格などの著しい成果は見出しに準じて大きく取り上げると安心しやすくなります。

教育内容が安心できるデザイン

かつて大学は「モラトリアム」であると揶揄されたこともありますが、その本質は学業です。どんな教育に力を入れているのか、どのような人材を育成したいのかを学長の言葉などで明確にしておくと安心感があります。教育方針に関わる大学の歴史がわかる沿革もあるとより安心できることでしょう。

実際に教鞭をとる教員についての情報があれば安心感は高まります。ノーベル賞をとった教授がいる、テレビのコメンテーターをしている教授がいる、ベストセラーを執筆した教授がいるというわかりやすい情報はどんどん開示すべきです。特にメディアへの露出が高い先生は写真があると親近感を抱きやすくなります。

 
安心感のある大学パンフレットを作るためには、保護者が不安に思っていることをわかりやすく提示し、可視化することが大切です。その上で、大学生活のイメージが少しでも湧くようであれば心置きなく受験の応援ができることでしょう。

制作事例 / 学校案内

  • 私立高等学校 学校案内制作

    啓新高等学校

  • 専門学校案内制作

    若狭医療福祉専門学校

婚活から考える、企業の魅力を伝えるパンフレットデザインの制作方法

180129_1

『婚活』という言葉ができてから、何年が経ったでしょうか。いまだにお見合いサイトや婚活パーティがそこかしこで開催され、需要の高さを知ることができます。婚活では数いる異性の中から、自分の魅力を知ってもらい、また相手の魅力を知ることでカップルが誕生していきます。企業の営業活動も同様です。数ある企業の中かから、「この会社と取引がしたい!」と思ってもらうには、まず自社の魅力が伝わっていなくてはいけません。婚活パーティで最初に記入するプロフィールシートこそが、企業でいうパンフレットなのです。パンフレットを魅力的に制作するためのデザインとは、どのようなものなのでしょうか。

自身の魅力について自己分析

婚活パーティにおいて、自身のPRタイムというのは限られており、非常に短いものです。その短時間で何をアピールするのかが重要になってきます。

パンフレットも、スペースも予算も限られており、その範囲内でPRしなくてはいけません。そのために必要なのが自己分析です。企業でいえば、まずは自社の『コアコンピタンス』は何かを分析しなくてはいけません。

コアコンピタンスとは、競合他社にまねできない核となる能力のことで、例えばソニーであれば小型化であり、グーグルであれば検索エンジンとなるわけです。自社のコアコンピタンスとは何かを分析することで、パンフレット内にてPRするポイントがわかってきます。

第一印象と雰囲気

ブルゾンちえみが出演する「人は見た目が100%」というドラマが話題になりましたが、婚活でも見た目はとても重要です。顔やスタイルが良ければそれにこしたことはありませんが、大切なことは清潔感や全体の雰囲気です。

パンフレットでいえば、表紙のデザインと中身のレイアウトです。第一印象は表紙デザインで左右されますし、会社の雰囲気は中身を見ればある程度想像がつくものです。色使いやフォントの選び方一つで大きく印象が変わります。パンフレットに読みやすさ、見やすさを求めるのは当然ですが、会社の雰囲気を表現できているかという要素も検討すべきです。

趣味が合うか

180129_2

婚活において話が弾むか否かは共通の話題が見つかるかどうかにかかっています。共通の話題が見つからない場合、静かな時間が長く続くか、もしくは一方的にしゃべり続けてあきれられるかのどちらかです。

営業も一方的に話しているだけでは片思いと同じです。話をしながら相手のニーズを聞き出し、そこから話を発展させるのです。パンフレットはツールなので、臨機応変に内容を変化させることはできませんが、特定の相手にとって魅力的に作ることはできるでしょう。つまり、ターゲティングです。誰をターゲットにするかでパンフレットのデザインも変わっていきます。例えば、中国人をターゲットにしたパンフレットであれば、赤を基調としたデザインが好まれますし、欧米人であればいかにも和風なパンフレットが好まれるでしょう。

連絡先の交換

婚活パーティなどではカップル成立がある意味のゴールですが、連絡先を交換できたというのも次につながる成果です。

企業でいえば、受注につながるかどうかのクロージングですね。パンフレットには、担当者の連絡先を記載しなくてはいけません。それもどこにあるのかわからないような小さなものや、代表番号のような担当者につながるまでに時間がかかるようなものでは、途中で諦められてしまうかもしれません。話のわかる担当者につながる連絡先をわかりやすいデザインでパンフレットに表記しましょう。

制作事例 / パンフレット

  • 健康情報パンフレット制作

    株式会社東京法規出版

  • 旅行会社向け観光パンフレット制作

    公益社団法人 福井県観光連盟

  • 資格講座案内パンフレット制作

    株式会社日本マンパワー

ライバルに打ち勝つ採用パンフレットのデザインのコツ

180122_1

就活状況はどこも人手不足で、人材確保に四苦八苦しているというのが現状です。優秀な若手を確保するため、採用SNSを始めたり、オリジナルムービーを制作したりと各企業はあの手この手で採用戦略を練っています。しかし、どの企業も共通して行っているのがパンフレットの制作です。企業説明会の際に、OB訪問の際に、イベント出展の際に、手渡すことのでき、使い勝手が良く伝わりやすいからです。

優秀な人材をライバル企業に逃さないために、どのような採用パンフレットを制作したら良いのか、デザインのコツを紹介します。

「インスタ映え」はあるか

180122_2

2017年の流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」は採用パンフレットでもキーワードとなります。今の学生は、FacebookやTwitterよりも写真を活用するInstagramやスタンプを駆使してコミュニケーションを図るLINEを好みます。つまり、イメージを膨らませる文章よりもアイキャッチ重視なのです。

パンフレットも会社の方針や働き方モデルなどを文章で滔々と説明するよりも、アイキャッチとなる写真を掲示したほうが受けはよくなります。よく企業パンフレットにあるような、どこかで購入した写真ではなく、オリジナルのインスタ映えする写真であるほうが心に刺さります。就業風景も大きく一枚掲載するよりも、様々なシーンを切り取った写真が複数枚あるほうがイメージしやすいかもしれません。

オンだけではなくオフの情報も

制作するのは採用パンフレットですから、仕事に関する情報だけを詰め込めば良いかといえば、そうではありません。今は仕事のオンの時間も大切ですが、仕事をしていないオフの時間を大切にしたい人が増えています。実際に働いている先輩がどのようなオフを過ごしているかの情報も知りたいことの一つになります。社内アンケートの集計で、ショッピング◯%、キャンプ◯%という統計データよりも、どんな先輩がどのようなオンの時間とオフの時間を過ごしているのか、メリハリがわかる具体的なモデルを伝えたほうがイメージしやすくなります。デザインに関してはファッション誌などが参考になるかもしれません。

多様な働き方の提案

これから就職活動を行う若者たちは「ゆとり世代」と呼ばれる層になってきています。彼らの特徴として、「打たれ弱い」「成長意欲の欠如」「自己肯定感への飢餓」があると言われています。もちろん、個別に見ていけば異論はあるでしょう。昔ながらの体育会系でトップダウンのような企業では彼らにとって魅力的には映りません。彼らは会社に押し付けられた労働ではなく、自分に合った働き方を探しているからです。
フレックス制やコアタイム制など、多様な働き方が認められているのであれば、その幅をデザインしてみましょう。新たに制度を作る特別な働き方でなくても、推奨されている男性の育休やプレミアムフライデーでも良いかもしれません。自分自身で働き方をデザインできるのだ、というイメージが大切です。

とにかく「楽しそう」がモチベーション

ゆとり世代からさらに進化して「さとり世代」という言葉もあります。極力物を持たないミニマリストやテレビは一切見ない、シェアハウスで暮らすなど、話題になっているライフスタイルを送る世代です。彼らは一世代前の何を切り詰めても「とにかく貯金」という世代とも異なり、基本的にシンプルを好むものの、自分が楽しいと思えること、好きなことにはトコトンはまる性質を持っています。
そのため、採用パンフレットでも「とにかく楽しそう」というイメージを持ってもらうことが大切です。最低限社風や会社のイメージを損なわないという点は守らなければいけませんが、アーティスティックなイラストを用いたり、特徴のあるフォントを用いるなど、風通しが良く楽しそうな雰囲気をデザインすることで興味を持ってもらうことができます。

制作事例 / 会社案内

  • システム開発 会社案内制作

    三谷コンピュータ株式会社

  • 人事コンサル 会社案内制作

    タレントアンドアセスメント

  • 福井赤十字病院 病院案内制作

    日本赤十字社 福井赤十字病院

「よくわからない」からの脱却、わかりやすい保険パンフレットの作り方

180109_1

保険を検討している人にとって、最もネックになっているのが「よくわからない」という点です。外交員の方が丁寧に説明してくれたので、そのときはわかったような気になるのですが、その後検討してみようとパンフレットを開いてもどれを選べばいいのかわからない、という事態に陥りがちです。

すぐに決断することのない保険という商品だからこそ、後から見直して検討しやすいパンフレットが不可欠です。パンフレットのわかりやすさはデザインで作ることができます。わかりやすい保険パンフレットの作り方について、以下にまとめました。

保険の種類をわかりやすくデザイン

保険と一概に言っても、生命保険から学資保険まで実に様々な種類のものがあります。お客様にとってどの保険が必要なのかをわかりやすくする必要があるでしょう。また、外交員が説明する際にも便利になります。

様々な種類の保険をまとめた総合パンフレットであれば、保険の種類ごとにカラーを変えてインデックスを作ることで見やすくなります。パンフレットが厚くなるのであれば、厚みの部分に種類ごとに段差をつけ、段差の位置を少しずつずらすことによってページを開きやすくすることも可能です。

デザイン次第で保険の目的がわかりやすくなる

保険に加入する理由はなんでしょうか?病気になったときの医療費?事故にあったときの弁済費?仕事で損害が発生した際の補償?とにかく、何かしらに不安を感じているからに他なりません。どんな不安を感じている人が入る保険なのかを明確にすることで、お客様自身が加入すべき保険がどれなのかをわかりやすくしましょう。

こういったことは文章で解説するよりもデザインを工夫し、イラストなどで目的ごとのアイキャッチを用いるほうがわかりやすくなります。目的になりそうな理由が複数ある場合は複数並列して並べ、詳しい内容はその下に文章にて記載するのが良いでしょう。そうすれば、お客様は自分の悩みと合致するものをパッと選ぶことができ、さらに詳しく知りたい場合に該当する箇所を確認すれば良いのです。

補償内容をわかりやすく表現

180109_2

保険のわかりにくさは補償内容の微妙な差が主な理由の一つに挙げられます。例えば、同じ医療保険であっても、スーパー◯◯と◯◯デラックスとではどのように違うのかがわからないとどちらかを選びようがありません。よく見かけるのが一覧表で補償があるかないかを細かく記したものですが、これは非常に見づらいので、もう一工夫必要です。

細かな違いがあることは当然ですが、表の中でもお客様が特に知りたいと感じている点にフォーカスしていきましょう。それは毎月の支払い金額であったり、補償される金額であったりします。そういったポイントに絞って文字を大きくしたり、文字色を変えたりすることで、特に比較すべき要素が一目でわかるようになります。図表のデザインを工夫することで、見やすさが大きく変わってくるのです。

加入条件をわかりやすく

保険の中には、年齢や疾病等、条件によって加入の可否が変わるものがあります。または、更新のタイミングによって支払い金額が変わるなどの条件の変更もあります。これらを明確にしておかないと、後々トラブルになりかねません。

年齢など数字に関する部分を目立つように修飾することで、自分に該当する項目を選んでもらうことが可能です。条件についてイエス、ノーを選んでもらい、ゲーム感覚で自分に合う保険を導くマップを作るのも一つの方法です。また、年齢などの条件が決められているのには理由があります。その理由をパンフレットに明確にしておくで、お客様の理解を促すことができるでしょう。

制作事例 / パンフレット

  • 観光用タブロイド紙制作

    結のまち越前おおの

  • 医療情報ハンドブック制作

    株式会社東京法規出版

  • 獣医薬品 パンフレット制作

    あすかアニマルヘルス株式会社

ウララへの問い合わせはこちら

ご相談・見積は無料。ちょっとした質問でもお気軽にご連絡ください。