パンフレットの価格は「質」と「量」で決まる

特産品カタログ
 

パンフレットの相場は何をもって決まるのか。製作費をなるべく安く作りたいと思うのは当然のことですが、品質を上げればその分コストはかかり、ページ数が増えればその分コストも膨らんでいきます。つまり、「質」と「量」の配分の見極めが重要になるわけです。

ページ数が既に決まっている場合、予算の中でできるページ数と価格で制作いたしますが、可能なら紙面全体の構成をプロに提案させてください。もちろん、無駄に長くするつもりはありません。そんなことをすれば訴求ポイントが弱くなってしまい、パンフレットの価値が下がってしまうからです。かといって情報量に対しページ数が少なければ、リーフレットのような見せ方をしない限り、パンフレットを手に取る人に弱い印象を与えかねません。

ページ数と同様に、どの範囲までを制作会社に任せるかでもコストは変わります。取材・撮影が入る場合はオプション料金として高く、原稿・写真を提供いただける場合は価格が安くなります。

既存のパンフレットを刷新する場合、制作費を節約する作り方があります。それは、今ある写真や文章などの素材を再利用して新規でつくるよりもを価格を抑えることです。予算・コストに合わせて最良のパフォーマンスをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

パンフレット・リーフレット制作