パンフレットを広告媒体として活用する方法

特定保健指導パンフレット

 

パンフレットは、ターゲットに直接渡すことのできる企業広告ともいえます。平面の広告と比較してページの数だけ載せられる情報スペースが多くとれますが、 あまりに詰め込みすぎるとアピールポイントが埋もれてしまい、伝えたい相手に届く確率は低くなってしまいます。

ページ数も増やすことで情報量も変わってきますが、それはおのずと予算にはね返ってきます。その限られた製作費の中でいかに自社の商品やサービスを魅力的に宣伝し、広告効果を上げるかが、パンフレットの価値を決めると言っても過言ではありません。

まずはパンフレットを作る目的を明確にし、そのために何を伝えるのか筋道を立てておくことが重要です。パンフレットは営業の場において顧客にダイレクトにお見せすることができるツールなので、あらかじめ口頭で補足説明する要点を決めておくことで、無駄な説明を省いた一番伝えたいことを際立たせることもできます。

パンフレット・カタログ制作