費用をかけずに販促効果を最大化する自社メディア作成法

170313

自社メディア活用がビジネスの成否を握る時代になった!

インターネットの出現で企業の広告や販促活動が大きく変わりました。何が変わったのか?一番の変化は各企業が自分たちのメディアをもつようになったということです。

かつては、企業が広告や宣伝をするためにはマスメディアの力に頼らなければなりませんでした。今はホームページがない会社はないのではないでしょうか?いつでも自分たちの商品や活動を自由に発信しインタラクティブな活動ができます。

今や、企業の広告・販促のカギをにぎるのは、マスメディアではなくウェブサイト、パンフレット、広報誌といった自社メディアといっていいでしょう。自社メディアをどう作るか、どう活用するかがビジネスの成否を左右する時代になったのです。

活用すべき3つのメディア

自社メディアのことを「オウンドメディア」と呼ぶこともあります。オウンドメディアはウェブサイトやパンフレット、プログ、メールマガジンなど自分たちでコントロールできるメディアです。

これに対して、従来のマスメディアは料金を支払うメディアということで「ペイドメディア」と呼んだりします。ペイドメディアには、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌のマス4媒体や検索ポータルサイトなどがあります。

また、ここ数年はフェイスブックやツィッターといったソーシャルメディアが登場しています。これらは、企業の戦略として評判を拡散できるメディアとして「アーンドメディア」と呼ばれることがあります。

自分たちでコントロールできる自社メディアの役割が増大しているとはいえ、マスメディアが不要かといえば、そんなことはりません。しかし、新たな媒体、アーンドメディアの存在も無視できません。

オウンドメディアの効果を最大限に活かすためには、このペイドメディアとアーンドメディアをうまく活用することも必要なのです。今、もっとも効果的な企業販促は3つのメディアを組み合わせた活動といえます。

3つのメディアを計画的に活用しよう!

3つのメディアを組み合わせた販促活動とは、顧客や見込み客をこの3つのメディア内で循環させるよう計画的に運用することです。つまり、3つのメディアをバラバラに活用するのではなく、それぞれの役割を明確にして運用するということです。

情報を発信するオウンドメディアに対して、ペイドメディアとアーンドメディアはオウンドメディアを見に来てもらうことが努めです。さらに、オウンドメディアからアーンドメディアに情報をばらまいて、顧客との関係性を構築したり、評判を獲得したり、新たな見込み客の発掘へとつなげていく。

こうして、3つのメディアを計画的に構築すれば、顧客や見込み客を各メディア内で循環させることができ、効果的な販促につなげることができます。自分たちで100%コントロールできるオウンドメディアを最大限に活かすことで、ビジネスもコントロールしやすくなるのです。

3つのメディアを計画的に作成しよう!

3つのメディアを計画的に活用するには、3つのメディアを計画的に作成しなければなりません。そのために必要となるのは、役割を明確にして作成するということです。以下の点に注意しましょう。

・オウンドメディア

オウンドメディアは発信するメディアですから、理解しやすいキャッチフレーズで訴え、商品やビジネスの内容を明確で覚えやすいものにします。見る人が興味を持つようなコンテンツも必要でしょう。さらにアーンドメディアへ興味をつなげるような仕掛けも用意します。

・ペイドメディア

ペイドメディアは掲載料金がかかるので「元を取りたい」という誘惑に駆られますが、この媒体だけでの売込みを考えるのは止めた方がいいです。ペイドメディアの役割は、見込み客に認知されることと、興味をもってもらいオウンドメディアにアクセスしてもらうことです。ペイドメディアはオウンドメディアを見てもらうために使いましょう。

・アーンドメディア

アーンドメディアは良い口コミをしてもらえるように活用しましょう。それと同時にオウンドメディアとの間で、見る人を循環させる役割を持たせることも必要です。こまめに更新していつも新しい情報を発信し、オウンドメディアへ誘導することを意識しましょう。

3媒体は役割の明確化とともに、見る人に同じ印象を与えるデザインを心がけましょう。オウンドメディアやアーンドメディアと違い、ペイドメディアはデザインの自由性が限定されますが、ロゴマーク、ロゴタイプ、カラーなどを統一して同じ印象を与えるようにしましょう。大切なのは、顧客に繰り返しコンタクトし、同じ印象を与えること。見た人が「これ見たな」と認識させることです。

3媒体で見込み客に何度もコンタクトすることで、顧客の印象に残り、販促の効果が加速するのです。

自社メディアを制すものがビジネスを制す!

今や広告費用の大きさが宣伝効果に結びつく時代は終わりました。マスメディアに多額の費用をかけるよりも、自社メディアの活用方法を考えた方が効果的な販促ができるのです。「自社メディアを制すものがビジネスを制す」ですよ。