売れるパンフレット作りはコンセプトで決まる

ジェネリック医薬品パンフレット

コンセプトのないパンフレットは中身のない話をダラダラ続ける人と同じです。いくら積極的に話をしても、延々と伝わらない話をされては聞く方はうんざりです。伝えるべき人に、筋道を追って分かりやすく伝えることがコミュニケーション成功の模範例です。

パンフレット制作も同様に、誰に、何を、どのように、伝えるかを固めてからを作り始めないと、制作側と発注側で完成図に対するズレが生じて制作が難航しかねません。

内容についても、万人向けのパンフレットを作りたいと思うのはわかりますが、誰に見てほしいのか、ターゲットを明確にした方が間違いなく訴求力は高くなります。また、たくさんの情報を伝えたいと思うものですが、大量の情報を全部詰め込んでも、かえって読み手の読む気をなくすだけです。

コンセプトを固めるということは、絞り込みの作業でもあるわけです。余計な情報をそぎ落とすことで、本当に伝えるべきことをアピールできる洗練されたパンフレットになります。それによって、他社のパンフレットとの間に差別化が生まれ、「埋もれないパンフレット」が出来上がるわけです。

では、実際にコンセプトをしっかりきめ、進むべき方向を明確にし、完成への筋道をつけましょう。

  • 誰に

    「誰」というのは、商品を買ってくれるであろう見込み客、すなわち市場(マーケット)のことです。よい商品を作って、良心的な価格をつければ売れるという時代ではないことは身を以て実感していることでしょう。

    まずはターゲットを決めなくてはいけません。ターゲットによって伝えるキャッチコピーや価値のポイントを変える必要があるからです。人の好みは十人十色。全員に反応してもらおうとして、ターゲットを絞らないメッセージを出しても、誰も反応してくれません。なぜなら、「自分へのメッセージではない」と思ってしまうからです。

    ターゲットを絞って、ターゲットに合わせたメッセージやキャッチコピーを発信することで初めてお客様に反応してもらうことが出来ます。

  • 何を

    「何」というのは単純にセールスポイントと考えてかまいません。そしてセールスポイントを決定する上で大事なのは、他との「差別化」です。世の中にある同種の商品のと比較して、あなたの商品とほかの商品に違いが無ければ、わざわざ「あなたの」商品を選んで買う理由はありません。

    例えば、価格や品質、珍しさ(稀少性)など商品そのものの魅力。また、商品そのものは他と変わらなくても、発送が早い、アフターサービスの充実、プレミアムなおまけ、購入特典などの販売手法上の差別化もあります。どうしても他との違いが分らない場合、知人や第三者に聞いてみるのも手です。凝り固まった視点とは違う視点から、あなたの商品だけが誇れる魅力を見つけ出してくれるかもしれません。

  • どうやって

    「何を」「誰に」のコンセプトがしっかり決まっていれば、おのずと「どうやって」伝えるかが見えてくるはずです。地域や年齢、性別、ライフスタイルなどポイントはいくつかありますが、概ね当てはまる方法の1つは、機能や使い方ではなく、『その商品を買ったら、自分の生活がどのように豊かになるのか』を伝えることです。誰しもお金をドブに捨てたいとは思っていないでしょう。お金を支払う事と商品を買って得られるメリットを天秤にかけて、メリットの方がが大きいと判断されればおのずと結果が見えてくるはずです。

いかがでしょうか。コンセプトを決めるヒントになれば幸いですが、発注段階でコンセプトが決まってなくてもウララが万全のサポートをいたしますので大丈夫です。どのようなパンフレットにしたいかを一緒に考えながら、コンセプトを固めていきましょう。

雑誌編集者にパンフレットのコンセプト相談ができるウララコミュニケーションズ