パンフレット制作 ウララコミュニケーションズ

プロが教えるコンテンツ制作ガイド

パンフレット・会社案内などのデザインツール制作に役立つノウハウ集。

パンフレットの発注で気をつけたい、効果があがるデザインのコツ

170425_1

パンフレットは販売促進ツールの中でも、手軽に作成することが出来る媒体で、お客様にも情報を手渡しして閲覧してもらえ、直接アピールにより効果が高いのが良い点です。ですが中身の情報をどうするのか、お客様が見たくなるようなデザインをどうするのか、頭を悩ませることも少なくないでしょう。それは、せっかく作るならいいパンフレットを作成したいと、本当に真剣に考えているからです。効果的なパンフレットをどうすれば作れるのか、コツやポイントをご紹介します。

デザインの前にまずはターゲットの選定や発刊の目的を検証

一番良い方法といえるのが、市場調査をしてお客様の属性を明確にし、どのような人が、どの商品やサービスを気に入っていて、購入に繋がっているのか分析をすることです。この分析結果に基づいて、パンフレットを見てもらいたいお客様に、分かりやすい情報を伝えることが大切です。

例えば20代のお客様に対して反応がいい場合、まだ自社商品やサービスを、利用して頂いていていない他の20代のお客様も、パンフレットを見てもらえれば、気に入って購入して頂ける可能性が高いです。20代の反応がいいのであれば、20代のお客様が見たくなるような、パンフレットデザインにする必要があります。

もし20代のお客様の反応がいいと分かっていなければ、50代に向けたデザインを作ってしまうかもしれません。これではせっかくパンフレットを作っても、効果がほとんどないものになってしまいます。

デザインの外注を考えるならば、ターゲットを明確にし、パンフレット発刊の目的を再度検証してからにすべきでしょう。訴求したいターゲットをデザイナーに伝えれば、20代のお客様向けであれば、可愛いデザインにするとか、パステルカラーの色使いにするとか、デザイナーもデザイン案の方向性を、ブレることなく出してきてくれます。

どうやって外注すればいいデザインがあがるのか

では具体的にどうやってデザイン作成を依頼すれば、効果があるパンフレットに仕上げるのでしょうか?訴求するターゲットを明確にすることが一番重要なので、ターゲットのお客様に対して、どういうデザインにすれば効果的なのかを考えてみましょう。

おススメの方法は、ライバル他社のパンフレットを収集、分析することです。ライバルが何を強みにしているかを検証しつつ、お客様を集めることに成功しているのかを確認しましょう。

どのようなデザインがされていますか?写真を多用しているとか、キャッチコピーの文字がデザインされているとか、お客様のレビューが掲載されているなど、気づく点があるでしょう。ここで大切なのは、商品によってデザイン傾向が違うということです。例えばお菓子を宣伝するパンフレットと、新車をアピールするパンフレットでは、デザインの見せ方が違ってきます。

商品やサービスの特徴によって、どういうデザインにすれば効果的なのか分析して下さい。インパクトにこだわりすぎるのも、場合によっては良くないものです。お客様(第三者)にとって分かりやすいかが重要なので、何のパンフレットか一目見てすぐ分かるデザインを、依頼するようにすることがポイントとなってきます。

思い通りのデザインにならないのは発注側の問題かも?

170425_2

デザインイメージは、十人十色と思っておくべきです。十人が「カッコいいデザイン」をイメージすると、全員が違うイメージを持つのが普通です。つまり、思い描くデザインは言葉だけでは伝わらないのです。では、どうすればよいのでしょうか?

一番いいのは、具体的に参考となる実物のデザインを用意して説明することです。なぜ、参考にしてほしいのかも、自分なりにポイントを考えて伝えましょう。

プロのデザイナーは、クライアントの要求が明確であれば、その要求を超える仕上がりでデザインを考案するものです。逆にはっきりしない要望を出すと、“イマイチ”なデザインなって提案されてきます。もし、“イマイチ”と思ったら、自分の発注に不備がなかったかを一度検証してみましょう。デザイナーの力不足もあるかもしれませんが、それと同等の発注力不足があるかもしれませんから。

制作実績 / パンフレット

  • 健康情報パンフレット制作

    株式会社東京法規出版

  • 教育旅行ガイドブック制作

    公益社団法人 福井県観光連盟

  • 獣医薬品 パンフレット制作

    あすかアニマルヘルス株式会社

プロが教える記念誌や社史の表紙デザインの作り方

170404_1

表紙は目的次第で作り方が変わる

皆さんは本屋で並んでいる本や雑誌を買うときに、何をきっかけに購入を決定しますか?最初から買う本を決めているときをのぞけば、まずは表紙を見て手に取り、内容を確認して買うことを決断すると思います。表紙に注意がいかなければ、買うことはないのではないでしょうか?当たり前ですが、表紙は売上を大きく左右します。だからこそ雑誌も書籍も出版社は表紙作成に特に力を入れ、デザイン案も多数出しながら制作しています。

表紙の大切さはなにも雑誌や書籍だけの話ではありません。社史や記念誌も同じです。表紙次第で、「読まれる」かどうかがある程度決まってしまいます。豪華な箔押しで高級そうな外箱に入った社史は、「内容が固そう」などと思われ、案外読まれにくいかもしれません。逆にイラストや人物の写真が効果的に配置され、敷居を下げた表紙は読まれやすいかもしれません。

しかし、必ずしも前者が悪く後者がいいというわけではありません。発刊の目的が記録をメインとし、会社のステータスを表すものが狙いなら読まれにくくても「内容が固そう」な表紙は正解ともいえます。つまり目的やターゲット次第で、表紙の作り方は変わるのであって、正解かどうかは発刊目的に合致しているかで決まるのです。

「読まれない」を避けるためにすべきこと

記念誌や社史を発行するということは、周年を記念して会社が果たしてきた役割や実績をアピールし、ステークホルダーにより高い関心や好意をもってもらうことが一番の目的のはずです。社史や記念誌はまったくの部外者がそもそも読む機会もないことを考えれば、贈られたものを手にしたとき、開いてみようという気にさせるかが重要です。

1 題名

まずは題名に工夫が必要です。名は体を表すというとおり、題名で内容がわかるというのが理想です。単純な「●●株式会社記念誌」とか「●●株式会社50年史」というだけでは、堅苦しいだけの本と思われ、開いてもらえる可能性が低くなります。副題でも結構ですので、目立つように、どんな内容かわかるようなタイトルを入れましょう。

2 デザイン

表紙は題名をよく表すものをモチーフにしたデザインがいいでしょう。タイトルだけでは想像できない中味もデザインと合わせてみると、イメージできるようになります。また、箔押しとかPP加工、外箱にするなど装丁で工夫を凝らすのも手でしょう。費用はかかりますが、上質感を醸し出すには不可欠なものです。

3 写真

表紙に使うかどうかは記念誌の内容によりますが、中面には役員や社員の写真を多く使用するとよいでしょう。生き生きとした社員の写真は、読者に会社への安心感や親近感を与えます。また、写真が載っていると話題にしやすいので、贈呈したときに、話が弾みます。

デザインで気を付けたいポイント

170404_2

読者の注意を喚起しなければならない表紙のデザインは、デザイナーでも全員ができるわけではありません。装丁はデザイナーの中でも特にセンスや経験が必要なものだからです。発注する際は、実績をよく確認して、自分に合ったデザインをしてくれる会社(デザイナー)を選びましょう。

制作実績 / 社史・記念誌

  • 団体創立50周年記念誌制作

    福井北ロータリークラブ

  • 幼稚園記念誌制作

    恩恵幼稚園

  • 会社記念誌制作

    益茂証券株式会社

健康関連商品の販促に必要な4つの方法

1703

健康関連分野は顧客生涯価値が重要

長寿大国日本では、健康関連商品はこれからますます発展が期待できる産業です。一方で参入する企業も多く、競争の厳しい世界でもあります。競争の厳しい産業だからこそ、一人の顧客とどれだけ長く付き合えるかが非常に重要になります。
サプリメントにしろ、整体院にしろ、リピート性の高い商品やサービスが多いのが健康関連産業の特徴でもあります。つまり、一人の顧客の人生からどれだけの収益をあげることができるかという「顧客生涯価値」が企業業績に響いてくるということです。健康関連市場で勝ち残るには、顧客生涯価値を高めるような戦略を立てなければなりません。

健康関連商品だからこそ考えたい顧客生涯価値

近年は健康関連産業に限らず顧客生涯価値の重要性が叫ばれるようになりました。その理由は次のようなものです。

・競争の激化

市場が成熟し、競争が激しくなると、新規顧客の獲得が難しくなります。収益を伸ばすためには他の顧客を奪うしかなく、そうなると新規顧客を獲得するコストが上昇するため収益率を下げる原因となります。そのため、今の顧客と長く付き合って、売上を持続する戦略のほうがメリットが高くなります。

・顧客が移動しない

市場に商品があふれると顧客は新しい商品を選ぶのが大変になります。すると、今まで使ってきて慣れ親しんでいる商品から変えるのをためらい、失敗するリスクを避けようとします。このような顧客心理を覆すには大変な労力が必要になり、既存客を重視したほうが賢明という判断になります。

・顧客データ管理が簡単になった

データ管理技術の進展により、顧客データの管理と活用が簡単に行えるようになりました。
これによって利益の多い顧客を重点的に扱うなど顧客との関係維持が戦略的にできるようになったのです。

このように、市場が成熟するほど顧客生涯価値が意味をもってきます。
健康関連はまさにそのような産業といえます。

顧客との関係で必要な4つの販促戦術

顧客との関係を構築するには、顧客のことを理解することが大前提であることは間違いありません。
顧客と企業の数だけ、顧客生涯価値を高める戦術があるといっていいでしょう。顧客との関係を構築するための代表的な戦術をいくつか紹介します。

1 スイッチング障壁の形成

スイッチング障壁とは、顧客が他の商品やサービスに乗り換える際のリスクをいいます。他の商品やサービスに乗り換えるときの手間や、金銭的損失などが顧客の流出を防ぐ壁となるのです。具体的には、メンバー制による特典、長期利用客割引、ポイント付加などがあげられます。

特に信頼は強力なスイッチング障壁になります。顧客は信頼できるかどうか分からない他の企業から買うよりは、リスクの少ない現在の会社を選ぶ方が得策と思います。顧客が他社製品に乗り換えるのをためらうような心理的要素を考えましょう。

2 顧客満足を追求する

顧客との関係を構築するうえで、顧客満足を追求することが何より重要なのは当然のことです。一度や二度、顧客が満足したからといって、同じ商品やサービス、扱い方で満足度を維持できるとは限りません。今は満足していても、明日も同じ商品に満足するかはわかりません。顧客満足度は常に変わっていくことを意識して、顧客を見続けることが必要なのです。

3 苦情を言わせる工夫をする

どんなに顧客を大切にしていても、失敗や間違いはあります。多くの顧客は不満を持っても、それを口に出すことなく他の商品に移ってしまいます。顧客が不満を持ったとき、その不満を口に出してもらいましょう。

具体的には、クレームを24時間受け付けるダイヤルの設置、顧客の声を書いてもらう用紙を個別に手渡すなどが考えられます。
大事なのは顧客が不満を言いやすいシステムを作ること。そして、クレームの数を減らすことではなく、クレームとなった問題を解決することです。クレームの減少が顧客満足に直結しているわけではないのです。

4 苦情を迅速に処理する

顧客からのクレームは時に信頼を取り戻すチャンスになります。クレームに迅速に対応すれば顧客の不満は消え、逆に信頼を寄せるようになるかもしれません。クレーム対応が遅れれば遅れるほど、顧客の不満は高まります。顧客を留めさせるか、流出させるかは、クレーム処理のスピードにかかっています。

販促の秘訣は顧客と長く付き合うこと

新規顧客を獲得し続けるのは、先の見通しがたちづらいですし売上も不安定です。それが、競争の厳しい業界ならなおさらです。既存顧客との関係構築は、安定した売り上げに不可欠なものといえるでしょう。健康関連産業は顧客と長く付き合えるチャンスが多い業界です。一人の顧客に何度も買ってもらえる工夫をしましょう。

制作実績 / 医療・健康

  • 自然食品DM制作

    株式会社宝寿園

  • 人間ドックパンフレット制作

    株式会社東京法規出版

  • 医療情報リーフレット制作

    株式会社東京法規出版

ともかく目を引け!インパクト重視の販促・広告術

170331

平凡な販促・広告ではもうスルーされてしまう

世の中はますます広告や販促プロモーションであふれるようになりました。無数とも呼べる情報にさらされ、消費者はたいていの広告に興味を示さなくなっています。消費者に広告や販促プロモーションを受け入れてもらう以前に、気づいてもらうことすら大変な時代なのです。

今や消費者に商品を買ってもらうためには、思わず目をとめてしまうアイデアや読み進めてしまう表現が求められます。そのために必要なのがインパクトです。

インパクトのない広告や販促はスルーされてしまう可能性大です。インパクトがなければ、その商品や企業は気づかれないまま終わります。最も大切なのは認知されることで、広告や販促は消費者の認知を奪い合っているといってもいいでしょう。目指すべきはインパクをもたせながら、反応の高い広告や販促なのです。

商品が平凡?ならばインパクトのあるアピールをしろ!

今の時代、広告や販促にインパクトをもたせることが効果的なのには、もう一つ理由があります。あらゆるモノで満たされている現代社会において、オリジナリティのある商品を世に出すのは難しいということです。

いわゆる平凡な商品、他社とそう変わりのない商品を普通にアピールしたのでは消費者は興味を示してくれません。平凡な商品をいかに刺激的に訴求するかが、広告や販促活動には問われているわけです。商品が平凡ならば、インパクトのある広告・販促をしなければならない。インパクトの重要性はますます高まっているといえます。

インパクト重視の販促・広告術

広告や販促にインパクトが必要とはいえ、無意味な言葉や表現で消費者の気を引いても売れるアピールはできません。インパクトを重視した訴求をするには、綿密に練られた計画性や戦略が必要なのです。具体的には、次のような活動を通して戦略に落とし込んでいきます。

・商品を見直せ!

インパクトを重視した訴求は、ただ単に表現だけの問題ではありません。広告や販促を学ぶと表現に走りがちですが、最も重要なのは商品を見直すことです。見落としがちな特徴や企業目線だけでは気づかない使い方など、消費者の関心を引く事実が隠れているかもしれません。こういった要素がインパクトとなり、広告や販促プロモーションを刺激的なものにします。

・多くを語れ!

直感的な一言がインパクトのある訴求につながるわけではありません。長い文章でも、消費者のニーズをとらえた言葉なら、認知され、興味を掘り起こすことはできるのです。広告が長くなると読んでもらえないと考える人もいますが、「多くを語るほど売れる」というのは広告宣伝の事実です。言葉が長くなるのを恐れずに、必要なことは語るべきです。

・個性を主張しろ!

広告や販促にインパクトを持たせるには企業の個性も大切な要素です。消費者にとって、どんな企業が出している商品なのかは重大な関心事項なのです。企業の個性を活かした販促は消費者に訴えかけます。遠慮せずに個性を主張しましょう。

・周囲からアイデアのヒントを探せ!

170331_2

インパクトのある訴求をするには、やはりアイデアは重要な要素です。とはいえ、机の前で頭を抱えていてもアイデアは生まれるものでもありません。アイデアのヒントは自分の周囲に落ちているもの。常日頃から自分の周りに目を配り、アイデアのヒントがないかアンテナを立てておきましょう。日常のあらゆるところにインパクトな訴求につながるアイデアは落ちているものです。

・他社のアイデアを参考に!

もし、いいアイデアがなければ他社の広告や販促プロモーションも参考にしましょう。表現をまるまる盗むわけにはいきませんが、アイデアを考えるためのヒントになるかもしれません。常日頃から、身の回りにあるいろいろな広告に注意を払うようにしましょう。

恐れずにインパクトを重視しよう!

広告や販促活動で大切なのは、情報の紹介ではなく見る人の関心を引くこと。キレイで収まりのいい訴求では、消費者の気を引くことは難しいのです。消費者の心理に焦点を当て、商品の個性を見つめ直し、そこにおもしろいアイデアやデザインが加われば、他社の広告や販促を抜きん出たアピールをすることができるでしょう。大切なのは“常識”に囚われないこと。
広告や販促は、誤解や批判を恐れずにインパクトを重視することも必要なのです。

制作実績 / 広告

  • ハーレー専門誌 雑誌広告制作

    ハーレーダビッドソン福井

  • ラッピング電車広告 デザイン制作

    福井県観光営業部観光振興課

  • 新聞広告デザイン制作

    株式会社日本経済新聞社

ウララへの問い合わせはこちら

ご相談・見積は無料。ちょっとした質問でもお気軽にご連絡ください。